« 異人たちとの夏 | トップページ | お題に反応してしまいました »

2010年1月23日 (土)

ソフト麺

昨夜ミュージックステーションを見ていたら、ソフトの話題が出ました。

ソフト麺」、皆さんはご存知でしょうか。僕と同世代の方はよくご存知だと思います。マルちゃんの生焼きそばのようにビニール袋に入った、うどんのような、あるいはアルデンテとは程遠い茹で過ぎたパスタのようなそんな麺が小学校の頃、よく給食に出たものです。ウィキペディアによると、正式名称は「ソフトスパゲッティー式麺」と言い、スパゲッティ用途にもうどん用途にも使えるとか。僕の記憶だと、僕らの小学校では圧倒的にうどん用途でした。ほぼ100%、温かいうどん汁と一緒に出てましたから。

ソフト麺の話題が出ると(って、ソフト麺の話題なんて10年に一度位しか出ませんが)、いつもある友人を思い出します。小学校の頃、よくつるんでいたその友人は、中学一年の夏休み前に滋賀県へ転校してしまいましたが、手紙のやり取りは比較的まめにしていて、大学時代には何度か再開を果たしました。名古屋で新聞の奨学金で専門学校を卒業し、今は高松にいます。今でも年賀状のやり取りは続いています。その友人のソフト麺の食べ方が変わっていたのです。普通は一緒に出るめんつゆに、袋から出したひと塊のソフト麺を入れ、普通にうどんとして食べるのですが、そいつはソフト麺をかじります。まるで袋を開けてあんぱんでもかじるかのようにソフト麺をそのままかじります。つゆは別に和風スープとして食します。本人曰く「ソフト麺はそのままがうまいんだ!」。絶対ウケを狙って無理していたと思う。真冬でも無理して半そで半ズボンで過ごしてしまうような奴だったから。味のないソフト麺をそのまま食べてうまいはずないですから。でも友人は少なくとも僕が知っている限り、つゆに麺を入れて食べたことはありません。いつも別々に食べていました。言うなれば牛丼ではなく牛皿状態です。でもそのおかげで今でもその友人のことは忘れられません。

ちなみに皆さんは給食の献立、何が好きでしたか?僕は定番といえば定番ですが、カレー、シチュー、焼きそば、そしてナポリタンでした。残念ながら僕が小中学校時代、僕の地域には揚げパンは存在しませんでしたし、鯨の竜田揚げもありませんでした。給食で米が出るようになったのは中学二年生の中頃からです。当然ご飯も先割れスプーンで食べます。ミルメイクが出ると嬉しかったです。

最近の給食はどんな献立なのか全然わかりませんが、あの頃の給食をもう一度食べたい、そんなことを考えた夜でした。

|

« 異人たちとの夏 | トップページ | お題に反応してしまいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフト麺:

« 異人たちとの夏 | トップページ | お題に反応してしまいました »