« 地震 | トップページ | 地震その3 »

2011年3月13日 (日)

地震その2

今日は自分の部屋の散乱した本やら小物やらの片付けで一日費やしました。なんとか地震前の状態に近い状態にまで片付きました。

合間合間にテレビで地震特番を見ましたが、自然の前には我々人間の力など及ばないことを痛感しました。ついさっきまであった街が、一瞬にして瓦礫となり、街の片鱗さえ残さない。映画の津波シーンなどにはない、本当の自然の恐ろしさを感じます。ずっと続くと思っていた日常が一瞬にして消え去ってしまう。家もクルマも見慣れた風景も、そして人々の思い出さえ跡形もなく消し去ってしまう。本当に恐ろしいです。

そして、地震や津波にも万全の対策を取っていたはずの原子力発電所が、想定を超えた自然の力に負けたのか、あるいは最初からそこまでの能力もないのに起こるはずがないと高を括っていたのかは知りませんが、大変危険な状況になっています。本来緊急時に稼働すべきものが動かない、そんなことで安全と言えるのでしょうか?建屋が吹き飛んでも放射能レベルに重大な危険がないなんて信じられません。だったら最初から建屋なんていらないじゃないですか。しかも1号機だけでなく3号機まで危険な状態とは。

以前茨城県の東海村で臨界事故が起きました。あれはある意味人災でしたが、あの時原子力の危険性を思い知ったはずです。

僕たちの生活は電気に支えられていることは先日の停電でよくわかりました。だから発電施設の重要性は十分認識しています。しかし先進諸国のいくつかは既に脱原子力の方向に動いています。何もなければいいです。でも何かあったとき、原子力は最悪の結果となります。日本も、少しずつでも原子力以外の発電施設にシフトしていくべきだと思うのですが、皆さんはどう感じますか?

明日から計画停電を行うそうです。せっかく日常レベルに生活が戻ってきたところですが、この状況でそんなことは言ってられませんね。

今日は昨日まで営業していなかったガソリンスタンドのいくつかが営業を開始しました。恐ろしい数のクルマが殺到し、とんでもない渋滞を作っていました。

明日は職場は臨時休業です。普通なら喜んでどこへ行こうか、何をしようか考えるところですが、そんな気分でもないですし、そんな余裕もありません。

被災地の皆さんも含め、一刻も早く日常生活に戻れることを願わずにはいられません。

|

« 地震 | トップページ | 地震その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震その2:

« 地震 | トップページ | 地震その3 »