« 今日もまた上海 | トップページ | アクセラ スカイアクティブ »

2011年9月28日 (水)

上海地下鉄事故

上海から帰ってきました。

まだ夏の名残がある頃に出発したのに、今日はすっかり秋の様相を呈していました。半袖しか持って行かなかったので上海のユニクロで79元で買った、七分袖のTシャツを着て帰ってきて正解です。

昨日、上海の地下鉄で車両同士の追突事故が発生しました。発表によれば、幸いにも死者は出なかったようですが、日本人も二人この事故に巻き込まれたようです。

事故を起こした10号線というのは、比較的新しい路線だったと思います。新天地、豫園といった上海のメジャースポットをカバーする路線です。僕も何度か利用したことがあります。普段通勤で利用している2号線に比べ、車両も新しく、綺麗な印象でした。

上海の地下鉄は、失礼ながら中国にしてはきちんと運行されている印象を持っていただけに、驚きでもあり、残念でもあります。駅のホームは意外なほど綺麗ですし、ホームにはディスプレイが配置されていて、次の車両が到着するまでの時間が表示されます。いつもほぼ正確に到着するので、感心していたのですが。

僕がよく利用する2号線は、いつも混んでいる印象です。特に朝8時半から9時位は日本の地下鉄も真っ青な混雑ぶりです。東西線に匹敵するのではないでしょうか。まず体を動かすことは困難です。鞄を放しても落ちない、なんて言われてましたけど、2号線も同じようなものです。そんな状況でもし今回のような事故が起こったら、きっと大惨事になったことでしょう。

しかしそんな大混雑にも関わらず、次の駅で降りる人たちが、まだ駅に到着する1分以上前からドアに向かって移動し始めます。ただでさえ少ないスペースがさらに少なくなり、腕や足が変な方向に押されます。下手すると怪我します。また、以前も書いたかも知れませんが、ドアの踊り場スペースにも手すりの棒があり、これがまた体にダメージを与えます。以前20歳くらいの女の子が人に押され、棒に押しつけられ、本当に痛かったのか泣いていました。

ごくごくたまに、オーバーランすることがあります。上海の地下鉄駅には落下防止用の柵があるため、ちょうどの位置に止まらないとドアが開いても人が降りられません。なのでオーバーランしたときはちょっとバックします。

それくらいならまあ笑って許せますが、人為的なミスで追突、となるとそうも行きません。

最近はホテルから仕事先まではタクシーを利用することが多いので、今回の出張でも地下鉄は休みの日を含めても数えるほどしか利用していませんでしたが、今回のようなことがあると、いよいよ移動はタクシーで、と言うことになりそうです。

ただねぇ、タクシーも相当荒っぽい運転手がいますから、事故が起きる確率は地下鉄より大きいかも知れません。

いずれにせよ、とりあえずは無事に帰ってこられましたので、ひと安心です。日本のお米がおいしかったです。

|

« 今日もまた上海 | トップページ | アクセラ スカイアクティブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海地下鉄事故:

« 今日もまた上海 | トップページ | アクセラ スカイアクティブ »