« クーペ | トップページ | MSアクセラ一周年! »

2012年2月10日 (金)

匂い3題

さっきファンヒーターに灯油を入れていて、ふと思い出したことがあります。

CR-Xに乗っていた頃、アパートでひとり暮らしをしていました。ある冬のこと、こたつだけでは寒いので、実家からストーブを持って行くことにしました。少しでも灯油代を浮かそうと思い、家で満タンにしてクルマに積み込みました。当時使っていたストーブはタンク一体式です。固定はしていませんでしたが、最初の頃は特にトランク内で動いたりしていませんでした。ところがしばらくすると、ブレーキを踏むたびに、また加速をするたびにストーブがトランク内を滑ります。それでも、まあそんなこともあるだろう、位にしか考えず、アパートまでたどり着きました。

いざストーブを下ろす段になって、トランクのマットが灯油でしみしみになっていることに初めて気づきました。どうやら満タンに入れた灯油がストーブからあふれたようでした。それで滑りが良くなって、加速・減速時にトランク内をストーブが滑るようになったのです。改めてぞっとしました。なぜならそんなことになっているなんて全く考えていなかったので、普通にタバコを吸っていたからです。まずは火事にならずに済んで良かったとほっと胸をなで下ろしました。

さあそれからが大変でした。しっかりと染み込んだ灯油は簡単に取れる訳もなく、いつまでも匂いが消えません。ところで灯油ってティッシュより新聞紙の方がよく拭き取れるんですよ。まあそれは置いておいて、アパートにいる時はなるべくハッチドアとウィンドウを開けて、灯油が乾くのと匂いが取れるのを待ちました。なんとか匂いを我慢しないで乗れるようになるまでに何日かかったことか。おまけにトランクのマットは灯油が染みたせいか、ゴアゴアのバリバリになってしまいました。

もう一つ、クルマと匂いにまつわる事件があります。

もう間もなく本格的な夏が来ようという頃だったと思います。当時ロードスターに乗っていたのですが、ある頃からクルマの中にたくあんの様な匂いがするのが気になるようになりました。最初は外の匂いかと思っていたのですが、いつもクルマに乗り込んだ瞬間にふっと匂います。でもそんなに強い匂いではなかったので、しばらく乗っていると慣れてしまいます。で、クルマを降りて用事を済ませ、また乗り込む時にその匂いがするんです。

どうにも気になるので、ある日出先で車内を徹底的に調べたところ、トランクの中でとても恐ろしいものを発見してしまいました。それが匂いの元だったのです。それは何かと言うと・・・

僕の父は15年位前に亡くなりました。僕の住んでいるあたりは田舎なので、最近でこそ葬祭場やセレモニーホールと呼ばれるところで葬式をするようになってきましたが、当時はまだ家で葬式をするのが一般的でした。例に漏れず我が家も家で葬式をすることになりました。通夜や告別式に来る人たちに振る舞う食事で出すために刺身の盛り合わせを買ってくるように頼まれた僕は、近所の魚屋に刺身を取りに行きました。当然ロードスターでです。大量の刺身だったので、トランクに積んで持ち帰りました。ロードスターのトランクは狭い上に、スペアタイヤがかなり存在を主張するので、今ひとつ荷物の座りが良くないのですが、それに加え、CDチェンジャーがまた中途半端な位置に据え付けられているので、結構デッドスペースがありました。いくつかの袋に分けて渡してもらえたので、刺身が安定するように工夫して積んだつもりでした。ところがひと皿だけ小さな袋に入れられた刺身がCDチェンジャーの奥にすべり落ちたのか、弔問客に振る舞われることなくトランクの中でじっと何ヶ月か隠れていたようです。

僕が発見したときにはだいぶ色と形が変わっており、とてもまともに見ることも匂いを嗅ぐことも出来ませんでした。不幸中の幸いと言うべきか、ロードスターはCR-Xと違いトランクが独立していますし、トランクスルーも出来ないので、CDチェンジャーのリモコンの線が通る程度の隙間しか、室内とトランクを結ぶ経路はありません。なので室内はせいぜいたくあん臭程度で済んでいたようです。トランクの中は、それはもう大変でした。早速袋を取り出すと、大変申し訳なかったのですが、近くにあったお店の外に備え付けられていたゴミ箱に、コンビニ袋を何重にもしてなるべく匂いが漏れないようにしてから捨てさせてもらいました。数ヶ月前に地下鉄サリン事件があった年です。異臭騒ぎが起きないように気を付けたつもりです。公園の水道でぞうきんを何度も絞ってはしみ出した汁を拭き取りましたが、タンパク質の腐敗した匂いはなかなか取れません。 もう拭くだけでは限界というところまで拭いた後、ホームセンターで脱臭剤を何種類か購入し、トランクと室内に備え付けました。またスプレータイプの消臭剤も併用しました。やはり匂いが気にならなくなるまでに何ヶ月かかかった様な気がします。

しかし、考えてみれば葬式から少なくとも2ヶ月位は経っていたと思います。その間、一度もトランクを開けてなかったんですね。

最後は妹の話です。

当時クイントインテグラに乗っていた妹が、暑い夏のある日、クルマから変な音がすると言ってきました。ちょうど出かけようとしていたようです。どれどれと見に行くと、いきなり「バリバリ」と大きな音がしました。その直後、エアコンの吹き出し口からとてもひどい匂いが・・・とてもクルマに乗ることはできません。それほどひどい匂いでした。

音も凄かったので、とりあえずディーラーのサービスに来てもらい、クルマを預けました。恐らくサービスの人も店まで乗っていくのは大変だったことでしょう。匂いがひどいのでエアコンは付けられません。暑いのと匂い対策で窓を開けていったんでしょうね。僕も一度タバコの火かなにかでシートが燃えたクルマを引き取りに言ったことがありますが、それもひどい匂いでした。でもそれはウレタンが燃えた科学的なひどい匂いですが、どうも今回のは天然のひどい匂いのような感じです。たとえようのない匂いです。

何日かしてディーラーから連絡がありました。それによると、どうやらネズミが何かに巻き込まれて砕けた音だったようです。空調回りを外して洗浄してくれたそうですが、やはりしばらくは脱臭剤や芳香剤を入れてもちょっと気持ち悪くなるような匂いが残りました。

あまり気持ちのいい話ではなかったようですね。

それじゃ、最後に口(鼻?)直しに軽いお話です。

奥さんが前に乗っていたデミオに乗ると、たまに甘い匂いがしました。なんでかって?子供達が、噛んだガムを紙に包んでいるとは言え、ドアの取っ手のくぼみとかにそのまま置いて行くからでした。

|

« クーペ | トップページ | MSアクセラ一周年! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

クルマ・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匂い3題:

« クーペ | トップページ | MSアクセラ一周年! »