« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

長編怪獣映画ウルトラマン

今、GyaO!で初代ウルトラマンの映画版を放映しています。この映画はテレビ版の何話かをつなげて約1時間20分の映画に仕立てたもので、特に映画向けに新しいシーンが挿入されている訳ではありません。

 

で、久しぶりに初代ウルトラマンを観ましたが、今改めて観てみるといろいろと凄いところがありますね。

 

冒頭、ハヤタ隊員の乗ったビートル2号がベムラーを追って来たウルトラマンの赤い玉と衝突します。現場に到着した科学特捜隊のメンバーはハヤタ隊員の姿が見つからないため、必死に探します。基地でもフジアキコ隊員が心配してハヤタ隊員からの連絡を待ちます。そこへハヤタ隊員から連絡が。その第一声でずっこけます!


「元気かね?アキコ隊員」


科学特捜隊の連絡でいきなり相手の様子伺いです。しかもみんなが安否を心配しているっていうのに、なにをのんきなこと言ってるのでしょう。しかもアキコ隊員の「一体どこにいるの?あなたのことをみんなが探しているのよ」という問いかけに、


「そんなことはどうでもいい」って、おい!普通飛行機が墜落して隊員の

安否が不明でみんなが捜索しているってのに「そんなことはどうでもいい」って、どうでもよくないでしょう。重要なことですって。

さらにハヤタ隊員の無事を知ったムラマツキャップが「今まで一体どこにいたのか?我々は昨夜から君を捜していたんだぞ」と通信機を使って問いかけると「大切なビートルを壊してしまって済みません」と答えます。まあそれはいいでしょう。でも「昨夜は一体何が起こったのか?ビートルからどうやって助かったのか?」との問いに「彼が助けてくれたんですよ」「彼?彼って誰だ?」「キャップ、そんなことよりまずベムラーをやっつける方が先です」と続きます。

確かに!怪獣ベムラーがいます。怪獣退治は科学特捜隊の大切な任務です。でも今は湖の底に隠れています。目の前で大暴れして建物を壊したり人を襲ったりしている訳ではありません。なのに一晩自分の安否を心配し、ずっと探してくれていた上司や同僚に対し、「そんなことより」って返しはないんじゃないですか?まあムラマツキャップ始め同僚の皆さんのそれ以上突っ込まないところを見ると、それで納得しちゃってるんですね。なんてのんきな人たちなんだ・・・


実際は、テレビ最終話でゼットンに破れたウルトラマンがM78星雲に帰るためハヤタ隊員の体から離れた際、ウルトラマンと同化していた間の記憶がないことが分かりますから、上記の台詞はウルトラマンが考えて話した内容ってことになるんでしょう。宇宙人はちょっと地球人とは感覚にずれがあるのでしょう。

ジョンスン島で15千万年前に存在したとされるゴモラザウルス。化石を探しに来たのに生きたゴモラと遭遇します。島に化石を探しに来ていた博士がそれを生け捕りにして持って帰ろう、と言い出します。それを担うのが科学特捜隊。「本来なら科学特捜隊の名誉にかけても怪獣の運び屋なんてお断りするところだが・・・」というムラマツキャップの言葉は正しいです。が、その後「万国博のためとあっては協力せざるを得ない」って、島という閉ざされた場所にいる怪獣をわざわざ日本へ持って来ちゃだめでしょ。しかもゴモラは40メートルビル11階分以上の大きさの怪獣を急に運んできて、どこへ置いておくつもりなのでしょう。だいたい見せ物目的で巨大生物を都会に連れてくれば、つなぎ止めておけなくて大暴れするっていうのは定番です。案の定、空輸途中で暴れ出します。やむなく切り離すことになります。だけどね、いくら地域住民を避難させているからって、怪獣を放しちゃだめでしょ。結局2000メートル上空から落としてもゴモラは死なず、暴れ出します。言わんこっちゃない・・・

武器が全く効かないほど丈夫な皮膚。しかも一番の武器である長い尻尾。それをいくら集中攻撃したからといって切り落とせちゃうってのもどうなんですか?大阪城に近づくゴモラ。絶対にゴモラの破壊から守らなければ、と言っている割には大阪城のすぐそばに立つゴモラに思いっきり砲撃しています。大阪城に当たったらどうするの?結局倒せずゴモラは大阪城をきれいさっぱり壊してしまいます。

怪獣殿下(笑)を自称する子供が、戦闘中にウルトラマンが落としたフラッシュビーム(そもそも落とすってことはウルトラマンに変身してもどこかに持ってるってこと?)を届けようと、警官が通行止めにしているところへ来ます。二人いる警官の一人が、止めようとするもう一人の警官に「子供は正直って言うからな」と言って子供をパトカーに乗せ、通してしまいます。そんなことでいいのか?

そしてウルトラマンとゴモラの戦い。ウルトラマンは思いっきりゴモラの角を折ります。その傷口が赤々としていて結構リアル。怪獣を殺さず保護するというウルトラマンコスモスが見たら気絶してしまうことでしょう。最後はスペシウム光線を脳天に受けてゴモラは絶命します。いくら大暴れしているとは言え、貴重な15千年前の恐竜(?)の生き残りを殺してしまうとは!もっともそもそもゴモラを日本に持ち込もうとした博士も、ゴモラが暴れ出したら「万国博は剥製で我慢する。お願いします」って科学特捜隊に殺すことをあっさり依頼しちゃうし。やっぱり貴重な大型生物や古代生物は元々いるところから都会に持ち込もうとしちゃいけないってことですね。あといつも思うんですけど、倒した怪獣の死骸って誰がどうやって後処理するんですかね?

 

なんてことを考えてたら楽しめませんね。やっぱり特撮は理屈抜きで楽しまなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox11の画面崩れ解決

先日Firefoxを11にアップデートしたら画面が崩れてまともに標示出来ないページが出てきたことを書きましたが、解決しました。原因はよく分かりませんが、キャッシュをクリアしたら崩れる画面もまともに表示出来るようになりました。また、Gyao!の動画も再生出来るようになりました。

僕のPCではセキュリティソフトはマカフィーを使っていますが、マカフィーの機能にクイッククリーンというのがあります。これは古いActiveXプログラムなどの不要なソフトを消去し、パソコンの処理スピードを改善する機能なのですが、ブラウザのキャッシュなども削除してくれるみたいなんです。

今日、あるフリーソフトをインストールしたのですが、Windows7に対応していないのか、ちょっと動作が怪しかったので、早々にアンインストールし、クイッククリーンを実行しました。そしたらなんと、あっけなくFirefoxが復活したのです。

これで使い慣れた環境でWebのブラウジングができます。
皆さん、お騒がせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

サイドブレーキレバーの位置

以前にもどこかで書いたかも知れませんが、MSアクセラのサイドブレーキレバーの位置はセンターコンソールを挟んで助手席側にあります。

これまで乗ってきたクルマ達を思い出してみると、バラードスポーツCR-Xや初代デミオベリーサAE92レビンなどはセンターコンソールの中心に位置していました。MPVは元々室内幅が広く、運転席と助手席の間も前後の席間でウォークスルーすることも考え、センターコンソールがなく、広く開いているため、運転席シートの左側に沿ってサイドブレーキレバーが存在していました。

唯一ユーノスロードスターだけがMSアクセラと同じくセンターコンソールを挟んで助手席側でした。ただ、ロードスターの場合、左ハンドル車でも同じ位置なので、運転席側にあることになります。これは恐らくコスト低減のためなのでしょう。でもMSアクセラの場合、左ハンドル車でもセンターコンソールを挟んで助手席側にあります。つまりドライバーからすれば左右の違いはあれど位置的には同じです。つまりそこがベストの位置ということなのだと思います。

今まで気にもしていなかったのですが、今日、センターコンソールのアームレストに腕を置きながらサイドブレーキレバーに手を添えていたら、なんとも絶妙な位置だっていうことに気がつきました。もう一年も乗っていながら、まだ新たな発見があるなんて、素晴らしいです。

新たな発見と言えば、ディーラーオプションで付けたパイオニアのメモリーナビの画面の明るさや色合いの調整が出来ることも今朝知りました。設定の画面にも特に明るさ調整の項目がなく、安いナビだからそんなものかと思っていましたが、やっぱり設定は出来るんですね。マニュアルなんて読まないので今まで全く気づきませんでした。たまにはマニュアルを読んでみるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

Help! Firefox11で表示崩れ!!

皆さんはブラウザは何を使っていますか?

僕はメインにFirefoxを使っています。もともとNetscape Navigatorを使っていたので、自然な流れと言えば自然な流れです。個人的にはOperaが好きなのですが、GyaO!の動画がどうもうまく再生出来ないので、Firefoxをメインにしています。どなたかOperaでGyaO!の動画を再生する方法を教えてもらえませんか?ちなみに僕の環境だと「日本国外からは映像を視聴できません。」というメッセージが表示されてしまい、再生出来ません。

まあそれはそれで問題なのですが、今もっと困ったことが起きています。昨日Firefoxをアップデートしたらバージョン11になりました。それはそれでいいのですが、一部のサイトの表示が思いっきり崩れます。たとえばFacebook。まともに表示出来ません。ココログでログインした先はもう完全に崩れまくっています。GyaO!は動画が再生出来なくなりました。ついこの間も、アップデートしたら、今回のような表示崩れは起こさなかったものの、GyaO!の動画も再生出来ず、Facebookも表示出来ませんでした。ココログは普通に表示していました。それがいつの間にか治っていて、喜んだのもつかの間、今回は全開以上に悲惨な状態となってしまいました。特に設定の変更なんてしてないんですけどね・・・

同じような現象が起きている方、いますか?また対処方法をご存じの方いませんか?こういうことが続くとFirefoxの良さは分かりつつもメインで使うのを止めざるを得ません。今はIE9で書いています。

こんなとき、知識のなさを実感してしまいます。もっと勉強しなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

3月11日

大きな被害をもたらした東日本大震災からちょうど一年が経ちました。今日一日が無事に過ごせたことに感謝しています。

今日は、義母がずっと気にしていたお墓参りに義母を連れて行きました。お墓参りの相手は震災で亡くなった訳ではありません。義母の妹で、奥さんの叔母です。生前は僕もよくしてもらいました。お墓は高台にあり、海が見えます。天気も良く、気持ちの良い時間を過ごしました。その後、息子が学校の社会で自分の県のことを勉強していてずっと行きたがっていた滝へ連れて行きました。パソコンでは見ていたようですが、本物を目の前にして興奮する息子がとても愛おしかったです。

こんな、ある意味何気ない日々が過ごせていること、本当に感謝です。

去年の今頃は電気が止まり、灯りも暖房もない中でキャンプ用のストーブで沸かしたお湯で作ったカップラーメンを、やはりキャンプ用のランタンの灯りの下ですすり、明日からどうなるのか心配しながら眠りました。そして翌日からは、とにかく食料とガソリンの確保に奔走しました。

僕の住む地域では幸いにして日常は比較的すぐに戻ってきましたが、福島第二原発の放射能の脅威は未だ解決されず、また瓦礫の処分も進まず、まだまだ復興はこれからです。でも被災地の人たちに少しでも早く穏やかな日常が戻ってくることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

MSアクセラの評価って・・・

昨日も書きましたが、今日(もう12時を回ってしまったので厳密には昨日ですが)は娘の卒業式でした。朝から雨が降り、体育館はめちゃくちゃ寒かったです。なのに外に出たらさらに寒い!それでも娘の晴れの日でしたから、我慢しましたよ。しかし帰りのクルマの中でもなかなか足が温まらず、大変でした。

さて、そんな訳で卒業式も終わり、午後から家でのんびりしていましたが、子供達が本屋へ行きたいと言いだしたので、連れて行ってやることにしました。

子供達はおのおの好きな本のコーナーで物色しています。僕はクルマ雑誌のコーナーで何冊か手にとって眺めていました。さすがに86BRZを特集する雑誌が多いですね。まあ話題のモデルですから仕方ないです。

そんな中、Driver4月号に「2012国産スポーツカー全網羅!」という見出しがあったので、早速目を通してみました。

予想はしていましたが、案の定MSアクセラはそこにはありません。マツダ車はRX-8ロードスターが取り上げられています。当然ですね。その2車は紛れもなくスポーツカーですから。あくまでアクセラの主流はスカイアクティブですから仕方ありません。「最新人気車 徹底比較購入ガイド」のハッチバック編でアクセラ vs インプレッサとして取り上げられています。もちろんインプレッサもWRXではないですが。

MSアクセラのオーナーとしてはどこか納得のいかないものがあります。マツダのWeb Siteのカーラインナップのページには、スポーツのところにMSアクセラは分類されています。現時点では国内モデルとしては唯一MZR 2.3L DISIターボエンジンを搭載したモデルであり、それに合わせた足回りを持つ、れっきとしたスポーツカーなんですけどね。出たてのモデルではないのであまり取り上げられることはないのでしょうが、こんなアホみたいなFF車なんですから、せめて新型スポーツカーの比較モデルとしてでも、もっと取り上げられてもいいんじゃないか、なんて勝手に思ってしまいました。

MSアクセラの話からは外れますが、86 & BZRの記事をいくつか読んでいて気になる記事がありました。どの雑誌かは忘れましたが、どうもFRはドリフトしやすくないとFRスポーツとは呼べない、的な内容。公道を走れる市販車で、ドリフトしやすくないとスポーツと呼べないなんて、なんか基準がおかしいと思いました。そもそも運転スキルの異なるいろいろな人たちが購入して運転できる市販車ですから、安定方向に持って行くのは当然だと思います。その記事で比較対象となったのがマツダロードスターとBMW1シリーズ。どちらも安定志向なのでFRスポーツとしては86 & BZRの方が上、なおかつBZRの方がドリフトしにくいので86の方がよりFRスポーツ、と言っているように僕には読み取れました。

その記事では、公道でドリフトなど以ての外、と一応は言っていますが、サーキットでドリフト走行するためにドリフトしやすいセッティングにしたクルマを公道を走らせたいって言ってる?と感じてしまいました。いや、決して比べてみればドリフトしやすい、と言うだけで86が決して危険なクルマだと言っている訳じゃありませんよ。

FF車に乗ることが圧倒的に多い僕ですが、ユーノスロードスターや、奥さんのKP61AE85なども運転した経験から、FRも決して嫌いじゃありませんが、ただそういうことを言うFR好きな人の考え方には違和感を感じます。

吊しのクルマは基本的には安定方向でセッティングするのは当然であり、腕に自信のある人がそれなりにチューニングすればいいだけの話なんじゃないですかね?腕に合ったクルマを選べばいい、という考え方もありますが、そもそも2リッタークラスのFRスポーツが絶滅に近い日本ではそんなに選択肢はありませんからね。だからやっぱりドリフト走行したい人はそれなりに自分でセッティングするしかないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月 9日 (金)

明日は娘の卒業式

今週前半はちょっと気温が高くなって、いよいよ春到来か!と思ったら後半はまた冬に逆戻り。しかも雨が続いていてうっとうしい。だけど明日は娘の中学校の卒業式。

小学校は6年間あるので長く感じますが、中学校は3年間なので、ついこの間入学式をやったような気がしているのに、あっという間に卒業です。

小学校の頃はほとんど自転車で一人で出かけたことがなかったので、自転車通学なんて出来るのか心配でしたが、事故に遭うこともなく無事3年間通い続けてくれました。その結果、皆勤賞をもらってきました。

娘の通う中学はだいぶ荒れていて、本当に3年間無事に過ごせるのかという点でも心配でしたが、気さくな性格が幸いして、頭の良い子達とも、少々グレ気味の子達ともそれなりにうまくつきあえたようです。いじめに荷担することもなく、いじめられることもなく、部活も最後までやり抜いて、彼女の中学生活は充実していたようです。

明日も朝から雨が降り、気温もだいぶ低いようですが、娘の晴れ姿を見に行きます。そして今度はすぐに高校の入学式です。最後に受験した高校の発表はまだですが、本命なのでぜひ合格してそこへ行ってもらいたいです。

もうすぐ震災から1年。無事卒業式を迎えられることに感謝、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

受験

今日は上の娘の高校受験でした。

何校か受験しましたが、今日が最後の学校でした。さすがに本命だったせいか、朝はだいぶ緊張していたようですが、なんとか無事終わりました。本人は結果が出るまでまだ安心できないようですが、僕としては受験まで好きなことも我慢してだいぶ頑張っていたことは知っていますから、まずは結果がどうであれ一生懸命やったことを褒めてあげたいです。

思えば僕が高校受験をしたのは今からもう30年以上前のことです。不思議なもので合格発表の時のことは今でも覚えています。それまで資格試験も英検四級くらいしか受けたことがなかったので、合格発表を経験したのは高校受験が初めてでしたが、高校の入り口に張り出されていた合格者の中に自分の受験番号を見つけた時のうれしさは忘れません。

大学は落ちた数の方が圧倒的に多かったのであまり良い思い出はありませんね。むしろ運転免許証の試験に合格した時の方がよく覚えていますし、すごく嬉しかった記憶があります。

最近は頑張って受験するようなこともありません。娘を見習って何か新しいことを勉強して受験でもしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »