« 春到来ですねぇ | トップページ | ゴールデンウィークですねぇ »

2012年4月22日 (日)

授業参観

ちょっとサボり気味でした。

桜もすっかり花が散ってしまい、徐々に葉っぱが増えて、ついこの間までピングだったのが、だんだん緑色になってきました。でも新緑も、それはそれでいいものです。

そんな今日、息子の授業参観日でした。息子は小学5年生。息子の教室は僕が小学4年生の時と同じ部屋です。上の娘が小学6年生の時も同じ部屋だったような気がします。ついでに言えば、その隣の部屋は僕が小学2年性で転校して来た時の教室でもあります。

息子は、偶然にも少年団のサッカーチームで一緒のチームメイトが前後にいて、とても嬉しいようです。特に前に座っている子は特に仲の良い子なので、とても楽しそうに授業をしていました。

ただ、毎回授業参観に行くと思うのですが、最近の親はうるさいです。さすがに教室内で大声でしゃべる親は少ないですが、壁一枚隔てた廊下では授業中だろうとなんだろうとお構いなしでおしゃべり三昧。しかも授業や学校と関係ない話も。参観日は親が教室に入りやすいようにドアは開放されていますから、当然教室にもその声は響き渡ります。僕は部屋に入らず廊下から授業を見ていましたが、教室の声がおしゃべりの声にかき消されて聞こえません。休み時間ならともかく、授業中です。授業中に親が騒いでどうするのでしょう。幸いにも子供達は教室外の声に気をそらされることなくちゃんと授業を受けていましたが。

この教室にはちょっと思い出があります。今でこそ単に授業参観、となっていますが、僕が小学生の頃は年に一度、父親参観日というのがありました。小学4年生の父親参観日の朝、教室で追いかけっこをしていた僕は、勢い余ってサッシのガラスに頭から激突してしまいました。幸い大きな怪我はありませんでしたが、腕を少々深く切ったのか、血が止まらず、保健室へ行くことに。ベッドで止血がてら少し横になっていましたが、落ち着いたので教室へ戻りました。シーンと静まりかえった教室のドアを開けると、授業参観に来ていたお父さん達の視線が一斉に僕に向けられました。当然その中には自分の父親も・・・

あの日の静かな校舎の雰囲気は今でも覚えています。その時に切った傷の跡も未だに僕の左腕にしっかりと残っています。そう、僕が子供の頃の授業参観は、子供達も緊張して普段以上に静かだったし、教室の外であっても授業中に大声で話をしている親などいませんでした。

授業を見もしないでおしゃべりに興じているのなら、いっそどこか別のところにいて欲しいです。親があの調子で、子供達に授業中おしゃべりしてはいけません、などと指導しても素直に従ってもらえないんじゃないかな。せっかく学校まで来ているのだから、しっかりと子供達の授業風景を見ていって欲しいと思いました。

|

« 春到来ですねぇ | トップページ | ゴールデンウィークですねぇ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業参観:

« 春到来ですねぇ | トップページ | ゴールデンウィークですねぇ »