« ワインディング | トップページ | スポーツセダン »

2012年6月20日 (水)

台風被害

昨日は夕方から降り始めた雨が午後8時頃から強くなり、深夜にはだいぶ風も強くなりました。

家のすぐ近くを、普段は川幅2mくらいの川が流れていますが、大雨が降るといつも増水するので、ちょっと心配でした(とは言え決壊したり水があふれたりはしたことありませんけどね)。

朝起きると、昨夜とは打って変わって良い天気です。

台風も通り過ぎたんだな、とほっとしていると、奥さんが寝室に入ってきて

「白樺倒れてるよ!」

今の家には2000年に引っ越してきました。翌年の確かゴールデンウィークだったと思います。シンボルツリーとして2本の白樺を植えました。まだ軽トラックで運べる位小さくて細かった苗木です。直径5cm位、長さも植えた状態で2m位だったと記憶しています。

それがいつの間にか直径30cm位、長さも8m位かな、もっとかな、とにかくそれくらいにまで育ちました。樹齢11年。一本は途中で枯れてしまい、何年か前に切ってしまいましたが、もう一本は毎年夏には庭に日陰を作ってくれていました。

その白樺が昨夜の風邪で根元から倒れていました。

不幸中の幸いだったのは、家の建物やクルマの方に倒れなかったこと。お隣との境目の塀に向かって倒れたようです。ちょうど上を通っている電線も切ることなく、また近くに木のブランコを置いているのですが、ちょうどブランコの足に掛かって、完全に下まで倒れなかったので塀も壊さず済みました。

1本目が枯れて以来、毎年春に新芽が出て葉が育ってくると、「今年も枯れずにまた芽が出てきて良かった」と安心したものでしたので、とても残念です。

しかしこのまま倒しておく訳にもいかないので、会社を休んで処理することにしました。

まずは枝をのこぎりで切り落とします。細い枝はのこぎりでも良いのですが、太い枝は切るのが大変なので、電動丸ノコで落としていきます。あらかた落とし切ったところで、たまたま隣の伯父の家の庭木を剪定に来ていた母の弟(やはり叔父さんですね)にチェーンソーを持って来てもらい、幹をいくつかに切り分けました。ひとつが1メートルもないのにとても重かったです。また、枝を切ると、断面に穴が開いているのが分かります。結構カミキリムシにやられていたようです。実際ゴマダラカミリキが2匹、穴から出てきましたから。切った白樺を片付けている時にも1匹うろうろしていましたし。

いつも白樺の脇にクルマを停めているので、飛び立つ鳥がするフンがクルマにかかり、真剣に屋根をつけようとさえ思っていましたが、いざ木がなくなると、庭も寂しいものです。

かつて飼っていたネコが近所の大きな他のネコに追い立てられて登ったはいいのですが降りられなくなって救出したこともあります。毛虫が大量に発生した時は毛虫退治で大変だったこともあります。

でもほぼ下の息子と一緒に大きくなってきたシンボルツリーだったので、本当に寂しいです。

まだ切り株がのこっているので、それをなんとか処理したら、今度はあまり大きくならない木を植えようと思っています。

|

« ワインディング | トップページ | スポーツセダン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風被害:

« ワインディング | トップページ | スポーツセダン »