« 旅してきました | トップページ | やっぱりミニバンが流行り? »

2012年10月18日 (木)

新型アテンザ

ちょっと前の話になりますが、今月の初め頃、MSアクセラのオイル交換に行ってきました。

その際、担当の営業さんが、「新型アテンザ見ます?」と言ってきました。とは言ってもカタログだけでしたが、「まだお渡しは出来ないんですけど、見せるだけならいいんです」と言って、新型アテンザのカタログを見せてくれました。

今ならもうマツダのサイトでも特設サイトやコンセプトムービーを公開していますので、どんなカタチかは見ることが出来ますが、第一印象は「美しい」でした。有機的なうねりのあるボディは、何となくユーノス500を彷彿とさせます。顔はCX-5を薄くした感じで、新鮮味という点ではちょっと弱いかな、と思いますが、例えば初代デミオと2代目MPV、現行アクセラと現行プレマシーなど、同系列の面構えは最近のマツダ車としては普通なのでしょう。

ワゴンは初代、現行とも、なんとなく後からとってつけた感を感じましたが、新型はだいぶ馴染んでいるように感じます。ワゴンの後ろ姿を見て、3代目フォードトーラスのワゴンを思い出してしまいました。そんなに似てる訳でもないのに、なんででしょうね。

新型アテンザにもCX-5に搭載されているSKYACTIVE-D 2.2が搭載されるようです。それからディーゼル車
にはマニュアルミッション車も用意されているそうです。他にはSKYACTIVE-G 2.0と2.5がラインナップされています。2代目で消滅しててしまったマツダスピードアテンザは現時点では用意されていません。なんとなくMZR 2.3l DISIターボエンジンは現行MSアクセラで終わりじゃないかと思います。エコじゃないターボエンジンは今の時代には存在が許されないんでしょうか?

減速エネルギー回生システムも搭載して、トータルでCX-5よりさらに燃費がよくなっているそうです。車重もほとんどCX-5と変わらないので、車高の低さと、CX-5の頃からさらに磨きがかかったSKYACTIVEテクノロジーや新技術の投入の結果なのでしょうね。

汚れを気にしないのならオフホワイトの革シートがいいです。まあ我が家では絶対に選べませんけどね。あっという間に白い革が泥で汚れてしまいます。子供たちが泥の上で走り回らなくなれば選びたいです。

セダン不振な現代、新型アテンザはどれ位売れるんでしょうね。メインはワゴンになるんでしょうか。でも不振でもセダン需要がなくなることは絶対にないと思います。せっかくの美しい、そしてエコなセダンなのですから、爆発的とは言わないまでもある程度売れてくれることを期待したいと思います。

|

« 旅してきました | トップページ | やっぱりミニバンが流行り? »

クルマ・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型アテンザ:

« 旅してきました | トップページ | やっぱりミニバンが流行り? »