« ルノーのお店が | トップページ | 数字の車名とナンバー »

2012年12月13日 (木)

SONYよ元気になれ

"米国シェア2%台の衝撃ソニーのテレビが「消える日」" というニュースを読みました。

僕はいわゆる「ソニー信者」です。そんな僕にとってはかなりショッキングなニュースです。

初めて持ったソニー製品は、TCS-300ステレオプレスマンでした。初代ウォークマンが発売された次の年に発売されたモデルです。ウォークマンが再生専用、ヘッドホンオンリーだったのに対し、ステレオプレスマンはステレオ録音可能、モノラルながらスピーカーも内蔵されていました。ちょうど高校時代です。部活で吹奏楽をやっていたので、よく演奏を録音したりしたものです。今時の携帯プレーヤーに比べると、めちゃくちゃ大きいし、初代ウォークマンに比べても大きかったものの、持ち運びもできました。

でも実は先輩が持っていたカセットデンスケが欲しかったんですけどね。

それからも携帯プレーヤーはソニー一筋です。カセットテープ、CD、MD、そしてメモリープレーヤーも全てソニー製です。最初に買ったポータブルCDプレーヤーはD-800Kカーディスクマンです。あとは全部ウォークマンです。

ビデオカメラもずっとハンディカムですし、デジカメもCyber Shotです。携帯電話も過去3台ソニー(エリクソン)製。PSPS2(残念ながらPS3はまだ手にしていません)、PSPと、ゲーム機もソニー製が多いです(子供達は任天堂派)。

ステレオもソニー。VHSのビデオデッキもソニーが出すまで待っていましたし、ソニー製の8ミリビデオの据え置き型デッキも購入しました。HDDレコーダーもソニー。トリニトロン管のテレビが欲しくてソニーのテレビを買ったりもしました。

ホント、ソニー信者そのものですね。

だからこのニュースはとてもショックです。

最近ではポータブルカーナビからも撤退してしまいました。テレビもあまり売れていないと聞いています。ウォークマンも音質はいいのにiPadにやられっぱなしです。

日本の家電メーカーは今、苦戦を強いられているところが多いです。かつてパソコンブランド「メビウス」や電子手帳「ザウルス」、亀山モデルとしてブランドにまでなった液晶テレビ「アクオス」で一世を風靡したシャープも、いまや経営危機に陥っています。

ソニーもシャープもかつての勢いをぜひとも取り戻して欲しいものです。

2009年に新しいソニーグループのブランドメッセージとして"make.believe"を発表しましたが、僕にとっては”It's a SONY"の方がしっくり来ます。

そうそう、今このブログを書いているのもVAIOです。

|

« ルノーのお店が | トップページ | 数字の車名とナンバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もぐらさん
いつもありがとうございます。

アップルファンも「リンゴ教信者」などと言われることがありますから、似たようなところがありますね。

初代iMac、僕も衝撃を受けました。All in Oneのスケルトンボディ、当時既にWindows PCを使っていたし、仕事で使うPCもWindowsだったので、あえて購入するには至りませんでしたが、うちの奥さんは真剣に購入を考えていたほどです。

iPodも、洗練されたデザインには驚きました。やはりカセットテープ時代からずっとWalkmanを使い続けていたのと、いわゆるMP3プレーヤーを購入しようと思った時にはメモリーWalkmanが販売されていたので、購入には至りませんでしたが、操作性も含め、アップルならでは、と思わずにはいられません。

もともとスティーブ・ジョブスはソニーに憧れていたと、何かの雑誌で読んだことがあります。

だからかどうかは分かりませんが、アップルもずっと独自の道を歩んでいるようですね。

そして今や憧れだったソニーさえもアップルの後を追いかけているようになっています。

それでもソニーはソニーであって欲しいと思います。みんながあっと驚くような製品を世に送り出して欲しいです。まさに今のアップルのように。

投稿: Tom | 2012年12月31日 (月) 01時32分

こんばんは。
申し上げにくいですが…(笑)、私はアップル派です。
まあ10代〜20代前半くらいまでは私もソニー派でしたが、その後仕事の関係でマッキントッシュを使うようになりました。
しばらくは仕事の道具で関心はなかったのですが、iMac、そしてiPodで完全にやられましたね。
ウォークマンに出会った時と同じ衝撃を、iPodにしてやられたのです。
それまではプライベートはウィンドウズを使おうと思っていたのですが、初パソコンはやはりアップルに行ってしまいましたね。
ただ両社とも、会社としての考え方や、ユーザーとして受ける印象って、似たように思っています。
ちょうど私がソニーに対して興味が薄れていた時期に、アップルがかつてのソニーのような面白いことをしてくれた、という感じでしょうか。
ソニーにも頑張ってもらって、業界全体が活性化してくれたらいいですね。

投稿: もぐら | 2012年12月30日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONYよ元気になれ:

« ルノーのお店が | トップページ | 数字の車名とナンバー »