« MSアクセラ初めての車検 | トップページ | SONYのパソコン事業売却 »

2014年2月 8日 (土)

初代プレマシー

MSアクセラの車検のことは別の記事に書きましたが、今回はその時の代車だった初代プレマシーについて書きたいと思います。

今回車検を受けるに当たって、代車は何を出してくれるのか楽しみでした。いつもそうなのですが、代車って普段自分が乗っているクルマと違ったりすると、それはそれでいいじゃないですか。違うクルマにしばらく乗れるんですから。

同じアクセラ(MSではない)かな、新型アクセラはないだろうな、アテンザもないな、まあデミオでもいいか、なんて思っていたら、代車をお借りする際に必要な書類があるとかで、それに署名して下さいとのこと。そこにはプレマシーと書かれていました。

おお、プレマシーか。その存在をすっかり忘れていたよ。久々のミニバンだなぁ、まあアクセラと似たような顔してるし、それはそれでいいかも、なんて、ちょっとワクワクしていました。

さて実車とご対面です。

えっ?

そこにいたのは初代プレマシーでした。

えぇ・・・

無料でお借りできるのですから文句は言えません。お礼を言って乗り込み、帰ろうとしました。

あれっ?サイドブレーキはどこで解除するんだ?

以前乗っていたMPVもサイドブレーキレバーはシートサイドにあったので当然そこを探りましたが、左手は空気を掴むだけです。サービスの方が足踏み式です、と教えて下さいました。

少々恥ずかしさを感じながら発車しました。

第一印象は良いものではありませんでした。

足回りは固めのMSアクセラに慣れた今となっては、座面の高さも相まってぐらんぐらんしていいるように感じます。ブレーキはカックンブレーキで、踏み始めは妙に効きがいいです。ヘッドライトは暗く、ナビが装着されていないのでインパネまわりも暗く、メーターの色もグリーンなので全てが暗く感じます。家に帰って改めて全体を見てみると、3列目のシートがないことに気付きました。そう、2列シート仕様だったのです。走行距離は11万キロを越えていて、室内外は年式や走行距離相応にヤレが出ています。まあ代車だし、2、3日の付き合いだし、贅沢言ってもしょうがないな、と自分に言い聞かせました。

さて、それから結果的には一週間の付き合いとなった訳ですが、慣れてくるとこれはこれで悪くないな、と思えてくるから不思議です。

メーターやインパネまわり、ハンドルやコラムシフトは以前の愛車MPVと共通、あるいは近いものがありますので、新鮮味はありませんがなつかしさを感じました。特にオーディオは奥さんの以前の愛車、デミオとも共通ですから。

エンジンは力強さはないものの、ガンガン回してやればそれなりに早いです。1.8リッター時代のものか、2リッターになってからのエンジンか、そこまで確認していませんが、日常の足には全く不満のない力加減です。

ドライビングポジションはだいぶ起きた感じで、昔々初めて初代ホンダシティに乗った時に感じたのと同じ、学習机に向かう感じでした。シートは大柄で、少々柔らかめです。

後部座席は足元も頭上空間も広く、シートもそれなりに広いです。ただこの空間に3列はきついだろうな、と言う印象。以前シンガポールに出張したとき、現地スタッフが昼食に行くのに自家用車を出してくれました。それがトヨタウィッシュ(初代)でしたが、その3列目はかなり辛かったですから。大人だと2、30分位の移動が限界のように感じました。きっと初代プレマシーの3列目もそんな感じじゃないかと想像できます。なので3列シートが不要なら、広い後部座席と広い荷室が5ナンバーで手に入るのだからミニバンの2列仕様はありだと思います。

2代目からはリアドアはスライドになりましたが、初代は普通のヒンジ式のドアで、やはり開け閉めはその方が軽くていいと思いました。スライドドアは狭い場所でも全開にできるし、不用意にドアを開けても隣のクルマにぶつけることがないので、子供が小さい時には便利ですが、開け閉めの楽さはヒンジドアの方が軽くていいです。今はスライドドアも電動化されているものが多いので、また印象は違うかも知れませんが(僕のMPVは電動スライドドア設定前の初期型だったので・・・)。

しかしクルマって上下の空間があるだけで広く感じます。実際には左右のシートの間隔を見ればMPVよりは明らかに室内幅は狭いはずなのに、アクセラから乗り換えるとMPVに近い広さを感じました。センターコンソールがないことも影響しているのかもしれません。

コラムシフトはすぐに慣れました。体って一度覚えた動作はなかなか忘れないんですね。

しかし最後まで足踏み式パーキングブレーキには慣れませんでした。駐車するときはいいんですが、発信する時はどうしてもシート脇に手が行ってしまい、何度も空を握りしめましたから。

途中ガソリンを2度入れましたが、燃費はガンガン回して乗った割にはリッター10キロをちょっと切る位でしたから、MPVに比べればだいぶ好燃費でした(最新のミニバンとは比べないで下さいね)。

ただ、スマートキーの良さを改めて感じたのも事実です。今回キーレスエントリーはなく、キーだけしかお借りできなかったのですが、カギでドアロックする習慣がなくなって久しいので、かなり面倒です。それに加え、MSアクセラではエンジンスタート/ストップもボタンですからキーを出す必要は全くないのに、プレマシーはドアを開けてエンジンを掛けるためには必ずキーを出して手に持つ必要があるので、それが面倒でしたね。昔はそれこそ集中ドアロックもなかったのが当たり前だったのに、ずいぶんと堕落してしまった僕です。

結果的には返却するまでの一週間で、日本車って凄いって思いました。だって11万キロも走ったクルマでも、普段使いならこれはこれで悪くないなって思えるようになったんですから。いや、僕がクルマなら何でもいい性格なのかも知れませんけど。

それ以来気にしているせいか、意外とまだ現役で走っている初代プレマシーが多いことに気付きました。実用車としてはとてもいいクルマだと思います。

それと、この時期だったからか、ちゃんとスタッドレスタイヤを装着した代車を用意して頂けたディーラーには感謝しています。

最新のプレマシーはどうなんだろう。一度試乗してみたいものです。そうそう、車検の時に新型アクセラの試乗をお願いしようと思っていたのですが、車検をお願いした時も取りに行った時もその後に予定が入っていてゆっくりできなかったので、残念ながらまだ試乗はできていません。試乗できるのはいつになる事やら。

|

« MSアクセラ初めての車検 | トップページ | SONYのパソコン事業売却 »

クルマ・バイク」カテゴリの記事

コメント

もぐらさん
アクセス&コメントありがとうございます。

20数年ぶりですか。感覚を取り戻すまではドキドキですね?

今お付き合いしているディーラーの代車は基本的にマツダ車だけですが、かつてお付き合いしていたホンダのディーラーはメーカー関係なくいろいろな代車を貸してくれました。恐らく下取り車なんでしょうけど。

その頃は本当にいろいろな代車に乗りました。

ホンダ車であれば初代シティや初代バラード、初代トゥディ、三菱ミラージュ(これも初代です)、TE71トレノ、覚えているだけでもバラエティに富んでいます。

事故の被害者になったときはレンタカーの3代目スターレットやカローラセダンなどにも乗りました。

もちろん気に入って購入した愛車が一番ですが、たまに違うクルマ、特に自分では購入することはないであろう車種に乗るのは新鮮ですね。

投稿: Tom | 2014年3月 6日 (木) 01時59分

もぐらです。
いろんな車に乗るのは楽しそうですね。
私も最近、何と20数年ぶりに車を運転しました。
カーシェア車両が置いてある駐車場が近くにできたもので、ちょっとその気になってしまったのです^^;
駐車場によって車種がいくつかあるので、乗り比べる楽しみがありそうです。
まあその前に、車庫入れの練習が必要のようですが…(笑)

投稿: もぐら | 2014年3月 6日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534818/59093822

この記事へのトラックバック一覧です: 初代プレマシー:

« MSアクセラ初めての車検 | トップページ | SONYのパソコン事業売却 »