« こうして毎日が過ぎていきます | トップページ | まるであの日のよう »

2015年3月23日 (月)

35年ぶりに

この土曜日、3月21日、中学卒業以来初めての全体同窓会がありまして、参加してきました。50歳を記念してのこととか。

地元に住んでいても、中学の同窓生との付き合いは非常に範囲の狭いものとなっています。
比較的よく飲んだりするのは特定の二人。
息子の少年団繋がりで一人。

僕の記憶では19の時に確かクラス会はあったような気がしますが、それ以来クラス会すらありませんでしたので、今回の参加者のほとんどとは、会うのは中学卒業以来。

参加者は3年の時のクラスと名前(旧姓)が書かれた名札を付けての参加です。

名札を見る前から誰だか分かる人もいれば、名札を見て思い出す人、名札を見ても思い出せない人、色々いました。何せ僕の中学は当時6クラス。ひとクラス40人としても学年全体で240人。一度も同じクラスになったことのない奴もいます。

しかし50歳というのは微妙な年齢ですね。歳より若く見える人はほんのわずかながらいます。年相応というのが半分くらい、そして残りは歳より老けて見えます。僕はどう見られていたんでしょうね。

今回の参加者は100人ちょっととのこと。まあ集まった方ではないかと思います。当時の担任の先生方も全員ご存命で、お元気な姿を見ることができました。唯一学年主任だった先生だけはお亡くなりになったとのこと。残念です。

最初に就職した時の研修仲間で年に一度忘年会をしていて、僕は10年に一度くらいのペースでしか参加できませんが、会ったとたんすぐに当時の関係に戻れるという経験はしていましたが、中学の同窓会も全く同じでした。

見た目は年齢を重ね、当時とはだいぶ変わってしまっていますが、会ってすぐあの頃に戻ったようにふざけられます。本当に不思議に思います。

また次の機会にも是非参加したいと思っています。

|

« こうして毎日が過ぎていきます | トップページ | まるであの日のよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35年ぶりに:

« こうして毎日が過ぎていきます | トップページ | まるであの日のよう »