« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月12日 (日)

息子のサッカー

3月10日に中学校を卒業した息子ですが、中学校ではサッカー部に所属していました。

そして今日、卒業セレモニーを含む、中学校での最後のサッカーがあり、僕も観に行きました。

息子は幼稚園の頃からサッカーを続けていて、小学校では6年間少年団サッカーチームに所属、そして少年団所属の大半の子がそうであるように、息子も中学校でサッカー部に入部しました。

小学校までは練習にも送り迎えしていましたし、試合ともなれば父母が会場までの足や試合中のドリンクやタオルなどの用意のサポートなどしていましたからプレイを観る機会も多かったのですが、中学に入ってからは自転車で学校へ行きますし、試合も学校がバスを用意することも多くなり、観る機会もだいぶ減りました。

久しぶりに観た息子のプレイは相変わらずガシガシ行くタイプではありませんが、本人なりに考えてやっているのでしょう。テクニックがない訳ではないのですが、オレがオレが、というタイプではないので、あまり目立たないようです。

この半年位、部活を引退してからは家でボールに触ることもほとんどなく、友達とサッカーをしに行くこともあまりありませんでした。

本人もサッカーは嫌いではないのでしょうが、高校へ行ったら別のことをしたいようです。約10年間続けたサッカーですが、本人に未練がないのならそれはそれでいいんじゃないかな。

まずは途中で止めることなく中学卒業まで続けてきたことに、よくやった、と褒めてあげたいです。そして次に何を選ぶのかはわかりませんが、また新たな世界で頑張ってくれればいいと思っています。

いよいよ明日、最後の志望校の合格発表です。無事合格出来ることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても......

先日、我が家に住み着いている外猫、グレハチが轢かれたことを書きましたが、先ほど買い物に出掛けたところ、グレハチが轢かれたまさにその場所でまた猫が轢かれていました。

僕は対向車線を走っていたので、クルマで通り過ぎざま、横目で確認すると、嫌な予感が......

買い物を終えて同じ道を戻ります。猫はセンターライン近くに横たわっているので、対向車線にはみ出して避けなくても路肩に寄って走れば大丈夫でした。ですから運転席から間近で確認できます。

どう見てもグレハチの兄弟、チャハチでした。

家に戻るとその足で軽トラを出し、グレハチの時と同じように段ボール箱に入れて連れ帰りました。やはりまだ轢かれて間もないのか、体は硬くなっていません。以前飼っていた猫が家で死んだ時は、確か一時間位で体がカチカチになり、や「やっぱり猫は体が小さいから死後硬直も早いんだなぁ」と思った記憶がありますから、轢かれて一時間も経っていないようです。

グレハチの時のような出血はありませんが、顔はまともに見ることができません。

しかし不思議なものです。一週間もしないうちに立て続けに、しかも場所もほぼ同じところで轢かれるなんて。

先日も書きましたが、この子達は二匹ともマーブルと呼んでいる猫の子供です。マーブルもちょっと前から姿を見せなくなりました。マーブルの死骸は見かけていないのですが、いつもうちのウッドデッキでくつろいでいたので、どこかで死んでいるのかも知れません。

グレハチは事故の日以来餌をねだりに来ませんから、間違いないと思います。チャハチはオスなので行動範囲も広く、しばらく前に姿を見せなくなり、でもたまに思い出したように戻ってきては餌をねだっていましたから、ひょっとしたら今日死んでいた猫は似たような柄の別の猫で、チャハチはある日突然戻ってくるかも、なんて考えたりもしています。

チャハチは庭から近づくと警戒してすぐに逃げてしまうくせに、部屋から掃き出し窓を開けると同じ猫とは思えないくらい人懐っこくて、鳴き声もかわいらしく、ハンサムな猫でした。餌をもって窓に近づくと、網戸をよじ登ってきます。

一気に庭が寂しくなりました。今ではチャハチの彼女と思われる猫が一匹だけ、まるで仲間達を待っているかのようにじっとしています。

Img_0262(チャハチです。右ももにハート型の柄があります)

Img_0276(まだ子猫の頃のチャハチ。お母さんと一緒に)

Img_0279 (左からマーブル、グレハチ、チャハチ、それから全然関係ないウシオ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

何もない一日

今年もまた3月11日を迎えました。

一日よい天気でした。そしてだいぶ暖かくなってきています。

昨日中学校を卒業した息子は友達との打ち上げに出掛けていきました。

出掛ける前に、僕と一緒にこの間轢かれて死んでしまったグレハチを埋めてあげました。

ちょっと悲しい別れではありましたが、他にはいつもと変わらない、平和な一日でした。

もうあんな震災があったことなどあまり感じることもありません。

それでも未だにあの震災の余震があります。

僕たちが忘れかけているだけで、東北の方ではまだ復興の道半ば、まだまだ現実である人達もいます。

それにこの6年間に日本国内でも熊本で大きな地震があったり、土砂災害や川の氾濫など、どこかで自然災害が起こっています。

毎年同じ事を書いているかも知れませんが、生きているだけで幸せです。ちょっとくらいの嫌なことなんて、ずっと続く訳じゃありませんし、ちょっとしたいいことでも喜べれば、より幸せです。

来年もこうして今年と変わらないメッセージを発信できればいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

また外猫が轢かれました

以前(2009年12月24日)、コチビという外猫が轢かれて死んだ話を書きましたが、残念なことにまた我が家に住み着いている外猫が轢かれて死んでしまいました。

数年前までウシコという黒と白のブチの猫が住み着いていました。結構長く住んでいたウシコは警戒心は完全にはなくなっていませんでしたが、それでもかなりなついていました。

ウシコは子育てが上手な猫で、何度か出産していますが、数年前のある日、理由は分かりませんが庭の片隅で死んでいました。特に外傷はなかったので、何か変なものを食べたんだと思います。

ウシコの最後の子供達の中にマーブルという猫がいて、マーブルの子供達がチャハチとグレハチです。茶色と白のブチがチャハチで、グレート白のブチがグレハチです。僕以外の家族はみんなグーちゃんと読んでいます。というのもチャハチはオスですがグレハチはメスでしたから。

Img_2228a_2
(左がグレハチ、右がマーブルです)

グレハチはコチビとうり二つでした。直接血のつながりがあったかどうかは分かりませんが、とにかく柄はそっくりでした。

チャハチとグレハチは他にも兄弟がいたと思いますが、今となっては二匹だけが残りました。不思議なもので、野良猫が子供を生んでも、死んでしまうのか、それともどこかへ行ってしまうのか分かりませんが、ほとんど残りません。最近はチャハチもたまに帰ってくるだけで普段は寄りつかなくなりましたがグレハチは毎日餌をねだりにきます。

コチビはとてもなついていましたが、グレハチはそこまでではありません。不思議なことに庭にいるときは近づくと逃げるのに、家の中から餌をあげる時にはとても人懐こいです。

そんな訳で何となく飼っているようないないような、微妙な関係が続いていましたが、可愛いことに変わりありません。

で、今日仕事から帰る時のことでした。

家から700メートルくらいの所で道路に猫が轢かれているのを見つけましたので当然、避けました。避けながら轢かれた猫を見ると、見覚えのある猫です。まだ轢かれたばかりなのか、頭の辺りに血だまりが出来ています。

クルマを駐めて近寄ると、明らかにグレハチです。しかし今は何も持っていないので連れ帰ることも、路肩に寄せてやることも出来ません。

この辺はカラスが多く、道路で轢かれた犬や猫はあっという間につつかれて食べられてしまいます。きっとこのままにしておけば明日の朝、仕事に行く時にはカラス達が群がっていることでしょう。あるいは他のクルマに登られてぐちゃぐちゃになってしまっているかも知れません。

仕方がないので急いで家に帰りました。家には猫達をとてもかわいがっている息子がいました。グレハチらしき猫が轢かれていることを伝え、一緒に連れて帰ろうと話しました。

段ボールと新聞紙を軽トラに積んで息子と出かけました。

比較的広い道路ですが、交通量はさほど多くありません。迷惑かと思いましたがハザードを付けて軽トラを道路に止め、急いで新聞紙でくるんでグレハチの体を持ち上げると、段ボールに入れて、家に連れ帰りました。まだ死後硬直は始まっていません。やはり轢かれたばかりです。

これまで何匹も家に住み着いて、庭で死んでしまった猫達を埋めてあげましたが、何度やっても慣れることはありません。

しかし、いくら似ているからって、死に方までコチビと一緒じゃなくてもよかったのに......

明日にでも埋めてあげようと思います。

(3/12一部訂正しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

気付けば9年に突入

油断していました。

もう3月じゃないですか!

2月21日をもってブログ開設から丸8年となり、9年目に突入していることに、今日気付きました。

今年は下の息子の高校受験ということもあって年明けから受験一色でした。そんな訳で完全に忘れてました。

そんな息子も今日、最後の試験を終え、とりあえず受験勉強から解放されました。しばらく封印していたゲームやテレビも解禁です。

まあそんなことを言ってますが、結局僕が忘れていただけでした。

相変わらず更新ペースがめちゃめちゃ遅くて、年に何回書いてるんだ、って状況ですが、まだ閉鎖するつもりもございませんので、お暇な方、または気になる記事がある方はその記事だけでも読んで頂ければと思います。

今後共本ブログを宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »