« ゴールデンウィーク | トップページ

2018年5月 5日 (土)

大御所の曲で好きなもの

GWも佳境に入りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

GWとは全く関係ない話ですが、好きなミュージシャンの曲の中でもこの曲が特に好き!っていうのがあると思います。

僕はフォークからニューミュージックに移行する頃の世代ですので、中学から大学までにかけて、結構そういうジャンルの曲を聴いてきました。例えば井上陽水、吉田拓郎、ユーミン、中島みゆき。まあミーハーと言われればそうかも知れませんが、フォーク世代の大御所達です。この方達の曲の中で特に好きな曲を挙げたいと思います。

まず井上陽水

名曲はたくさんありますが、僕がもっとも好きな曲はアルバム「氷の世界」に収録されている「帰れない二人」です。アルバム自体も「氷の世界」が大好きなのですが、特にこの曲が好きですね。この曲は忌野清志郎との合作だそうで、RCサクセションの「指輪をはめたい」が元になっているとか。確かにRCの曲を聴いていて「何がの曲に似ているな」(僕はこちらを聴いたのが後だったので)と思いましたが、元は同じ曲だったと知った時には驚きました。ちなみにRCの「SKY PILOT」を聴いた時も中森明菜のアルバム「D404ME」に収録されている「STAR PILOT」と曲が一緒だ!と驚きましたが、ネットの情報によると、元々明菜から依頼を受け清志郎が作詞作曲したものの、歌詞がきわどかったため歌詞だけ明菜用に別の作詞家が作詞したとか。オリジナルの歌詞でRCがのちに「SKY PILOT」として発表したそうです。

脱線しましたが、「帰れない二人」は陽水の曲の中でのBest1です。間奏のドラムからピアノに繋がるところが特に好きですね。

陽水の曲ではもちろんメジャーな「少年時代」なども好きですが、やはり一番は「帰れない二人」です。

ユーミン

まず、ユーミンのアルバムで僕のBest1はデビューアルバム「ひこうき雲」です。そしてその収録曲の「空と海の輝きに向けて」がユーミンの曲の中で僕がもっとも好きな曲です。そもそも最初に書いた通り、「ひこうき雲」自体が一番好きなアルバムなのですが、その中でも特に好きです。終盤のハモりのところなど、聴いているとゾクゾクしてきます。

ユーミンは一時期集中して聴いていたので、「時のないホテル」や「PEARL PIERCE」、「DA・DI・DA」などはどれを一位にしてもいいのですが、やはりトップは「ひこうき雲」です。

他には上記のアルバムに収録されている「セシルの週末」(昔付き合っていた彼女がこれに近い娘だった)、「よそゆき顔で」(同じくその頃の彼女との思い出がこの曲に近い。もちろん僕が感じた彼女目線。残念ながらセリカには乗っていませんでしたが)、「真珠のピアス」、「DANG DANG」、「青春のリグレット」、あとアルバム「水の中のASIAへ」に収録の「スラバヤ通りの妹へ」や、「ナビゲイター」、「海を見ていた午後」、「潮風にちぎれて」、「VOYAGER~日付のない墓標」など、好きな曲はたくさんあります。

でも、やはり一番は「空と海の輝きに向けて」ですね。

吉田拓郎

フォーク世代ですから、お約束通り散々コピーしました。いや、ギターで、ですよ。

で、拓郎の曲のBest1は月並みですが「流星」です。これを置いて他はありません。この曲は爆笑問題太田が映画の打ち上げで歌ったとか、「この曲は僕の曲にしてください!」と頼んだとか、いろいろな人がカバーしてるとかで結構メジャーですが、そうなるだろうな、と思わせる曲です。僕だって「この曲は僕の曲にしてください!」と言いたくなります。

一時期友達の影響で「外は白い雪の夜」を一位にしかけましたが、やはり僕にとっては「流星」です。もちろん「外は白い雪の夜」も大好きな曲ですけどね。

拓郎について若干書いた量が少ないと思われるでしょうが、「流星」の比重が非常に大きいので他の曲について書けないんです。スミマセン。

最後、中島みゆき

彼女は一時期僕の大部分を占めていました。聴き込んだ量は上記三人以上です。そんな彼女のアルバムではBest1は「あ・り・が・と・う」なのですが、曲のBestとなると難しいです。収録曲では「遍路」、「店の名はライフ」、「ホームにて」、「時は流れて」がどれを一番にしてもいいくらい好きなのですが、他のアルバムに収録されている「タクシードライバー」、「根雪」(アルバム「親愛なる者へ」収録)や「世情」(アルバム「愛していると云ってくれ」収録)、
エレーン」(アルバム「生きていてもいいですか」収録)、「夜曲」(アルバム「臨月」収録)など多々あり、なかなか決めかねます。さらに「僕は青い鳥」(アルバム「はじめまして」収録)も好きで、曲についてはBest1を決められません。

みゆきについては曲のBest1は、やっぱり決められないので濁します。

しかしこうして思い起こすと、やはり巨匠たちはただただ凄い!

こんなにもたくさんの魅力的な曲を世に送り出しているのですから。そんな巨匠達と同じ時代を生きているだけで幸せです。

ちなみに、80年代、90年代は他にもRCサクセション沢田聖子石川優子白井貴子中村あゆみREBECCAPRINCESS PRINCESS佐野元春BARBEE BOYSPERSONZARB小比類巻かほる、変ったところでは相曽晴日クレヨン社など、それに加えてちょろちょろと洋楽(Best Hit USAを毎週観てました)など、ノンポリで聴いてました。

思い出すと、とても懐かしいです。
ちなみに僕のWalkmanにはここにでてきたほとんどのアーティストの曲が入れてあります。

長文失礼しました。

|

« ゴールデンウィーク | トップページ

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534818/66684735

この記事へのトラックバック一覧です: 大御所の曲で好きなもの:

« ゴールデンウィーク | トップページ