ゲーム

2010年12月24日 (金)

仮面ライダー2題

いよいよあと一週間余りで2010年も終わりですね。

僕は先週、今年最後の上海出張に行ってきました。今年は都合5回、上海へ出張に行きました。上海は先週水曜日に雪が降り、最低気温マイナス2度、体感気温はマイナス8度だったみたいです。さすがに寒かった!

僕が出張に必ず持って行くものの一つにSONYPSPがあります。以前は出張といえば大量の本を持って行ったのですが、PSPを持って行くようになってからは、せいぜい1冊か2冊しか持って行かなくなったので、だいぶ荷物が軽くなりました。

今回仕込んでいったゲームは、「クライマックスヒーローズオーズ」です。

プロフィール欄の好きなものに「特撮」とさりげなく書いていますが、仮面ライダーは子供の頃から好きです。ライダーもののゲームはこれまで、PSソフトで「仮面ライダーアギト」「仮面ライダー龍騎」と、2作品購入しました。それからしばらくはライダーものから遠ざかっていましたが、PSPでクライマックスヒーローズが発売されると知り、購入に至りました。

システム的には過去のライダーものに近いですが、ライダーによってフォームチェンジが出来たりスピードアップできたり、はたまたサポートキャラが出てきたりと、だいぶ楽しめます。基本的には子供でも楽しめるように、一般的な格闘ゲームよりは簡単な感じはします。

今回は「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」の関係とかで龍騎のライダーは全員超必殺技付きでの登場となっていますが、僕的にはギルスアナザーアギトG4(仮面ライダーアギト)、デルタサイガオーガ(仮面ライダー555)、カリスレンゲル(仮面ライダー剣)辺りは登場させて欲しかったです。

まあそれでもクウガからオーズまでの主役ライダーは全て使えるし、劇中では話だけに終わってしまったあるライダーが隠しキャラで使えるし、ライダー好きにはお勧めです。



で、ゲームで仮面ライダーにどっぷりはまっていたのですが、娘のつきあいで本屋へ行ったところ、またしてもライダー好きにはたまらない本を発見してしまいました。

タイトルは「平成ライダー英雄伝」(株式会社カンゼン)。

仮面ライダークウガからオーズまでの全てのライダーのほぼ全てのフォームがカラー写真で掲載され、あらすじや解説が紹介されています。

いわゆる平成ライダーは「仮面ライダーアギト」を途中から娘と一緒に見るようになったのがきっかけです。僕は初代仮面ライダーを小学1年生の時にリアルタイムで見始めてから、仮面ライダーストロンガーまでずっと見ていました。なので今でもつい見てしまいます。娘はもう中学生ですからあまり見ることはないですが、息子はまだ小学3年生。毎週日曜日には一緒に楽しんでいます。

この本を見つけた時、娘もパラパラと中を見て、「うん、凄いねぇ」と言っていました。なんだかんだ言っても娘も嫌いじゃないみたいです。

かつてケイブンシャ刊「原色怪獣怪人大百科」が宝物だった僕にとって、また宝物になりそうな一冊です。


今年は仮面ライダーで年越しとなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)