旅行・地域

2015年11月18日 (水)

ヨハネスブルク出張

皆さん、お久しぶりです。

2週間ほど南アフリカはヨハネスブルクへ出張して来ました。

皆さんはヨハネスブルクと聞いてどういうイメージを持たれますか?

 

2010年にワールドカップが開催され、決勝戦が開催されたので、サッカーのイメージがある方もいるでしょう。

世界一危険な都市というイメージを持たれる方もいると思います。

 

が、到着したO.R.タンボ空港は、黒人こそ多かったですが、きれいな空港で、到着後、外で喫煙しましたが拍子抜けする位危険な感じはありませんでした。

 

今回僕らが滞在したのはヨハネスブルクでもサントンという、白人裕福荘が多く住むエリアでしたので、そこでも全く危険な目に遭うことはありませんでした。

 

滞在したホテルの、道路を挟んで向かい側には大きなショッピングモールがあり、徒歩で向かうことができます。広場にはネルソン・マンデラの大きな像が設置されており、黒人も白人も、ついでに出張中の東洋人も写真を撮影しています。ショッピングモールには他の国でも見られるような有名なお店がいくつもあります。スーパーマーケットもあるのでそこで買い物もしました。僕が訪れた時は、H&Mがオープンしたため、大層な行列ができていました。その行列にも白人もいれば黒人もいました。

 

ただ、ガードマンらしき人があちこちに立っていたり、閉店後にはショウウィンドウの時計やアクセサリなどがしまわれているのを見ると、やはり他の治安の良い国とは違うと思い知らされます。また、いくら安全そうに見えても、夜間の一人歩きは危険なので絶対にやってはいけないようです。

 

歩道には黒人に混じって白人も普通に歩いていますし、ジョギングする白人やスポーツタイプの自転車を走らせる白人も見かけます。しかし家を囲む塀の高さや、塀の上に張り巡らされた有刺鉄線と高圧電線から、見た目ほど安全でないことを思い知らされます。

 

高速道路からヒルブロウ地区やソウェト地区も見ましたが、ヒルブロウ地区はサントンとは路上の雰囲気もまるで違い、世間で言われている危険都市ヨハネスブルクの様相を呈していました。

 

道路には比較的きれいなクルマが多く走っていました。日本車、韓国車、ヨーロッパ車、アメ車など、特定の国のクルマに偏ることなく、いろいろな国のクルマたちがよく整備された高速道路を走っています。ピックアップトラックが人気らしく、結構な割合で走っています。また大型バイクもよく目につきました。

 

そんな中、たまに街中で、インドネシアでよく見かけたバジャイという三輪タクシーの最新型とおぼしきものを見かけました。インドネシア同様タクシーとして使われているのかどうかは分かりませんが。その一方、発展途上国でよく見かける125CC程度の所謂カブのようなバイクに家族4人で乗車とか、大量の荷物を積んでの移動とかは全く見かけませんでした。

片側4車線あるハイウェイと英語の看板や標識から、アメリカの田舎のようにも感じられますし、昔の名残か、ヨーロッパ調の建造物を見るとヨーロッパのようにも感じられます。一方で路上を歩く黒人たちや、道ばたでカット野菜やフルーツを売る売店をみれば東南アジアの様にも感じられます。そして赤い大地はアフリカそのものです。とにかくいろいろな表情を見せてくれる街、それがヨハネスブルクです。

 

最初はとても危険な街であることを覚悟して行ったため、周りの黒人たちが全て僕らを狙っているように思えましたが、当然ながら全てがそんなわけもなく、ホテルの従業員、レストランのボーイ、会社の人たちはみんな気さくでいい人たちでした。黒人も白人もやたらとサムズアップをしますが、やはり黒人のそれはサマになります。

 

肉食中心なのと、普段朝食をとらないのにホテルなのをいいことに毎日朝食をとっていたせいか、確実に太ってお腹周りがきつくなっています。

 

こうして2週間の滞在期間中、特に危険な目に遭うことなく久しぶりの英語圏、インドネシア以外の南半球、そして初めてのアフリカ大陸を経験することができました。ある程度の注意と緊張感を持って過ごせば、決して危険なだけの街ではないことも分かりました。その一方で決して安易な気持ちで足を踏み入れてはいけないエリアが現実にあることもまた分かりました。

 

最後に、今回20時間近く費やした移動時間は苦痛以外の何者でもありませんでした。もし今後も行く機会があれば、その時にはファーストクラスとは言いませんが、せめてビジネスクラスで行きたいです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

旅してきました

皆様お久しぶりです。

 

気付けば1ヶ月も更新をサボってたんですね。

そういう時期がたまにあります。

 

今週は休みをもらっています。久しぶりの長期休暇です。

でも子供たちが学校なので、家族でどこかへ行くと言うことはできません。

 

なので一人で旅をしてみました。

車中泊をしましたが、そもそも家を出たのが夜11時半頃だったので、実質日帰りです。

 

車中泊をしたのは茨城県と栃木県の県境に近い道の駅かつら

那珂川沿いにあり、道の駅の裏手は、キャンプ場ではないのですが、実質キャンプ場となっており、しかも無料です。その代わり、予約出来ないので早い者勝ちですが。過去には家族でも何度かここでキャンプしたことがありますが、さすがに平日だったので、車中泊している人は数台見かけましたがテントはふた張り位しかありませんでした。

 

駐車場にクルマを駐め、寝たのは午前2時を過ぎていたと思います。

トラックのエンジン音と荷物を下ろす音、それに人の声で目が覚めました。まだ辺りは真っ暗です。

何かイベントでもあって、その準備?位にしか思っていませんでした。とにかくうるさくてゆっくり寝ていられません。それでも浅い眠りで朝を迎えました。

 

外にはトラックが数台。そこにいた何人かが「天地人」と書かれたTシャツを着ていたので、NHKのロケ隊だとわかりました。残念ながら役者さんはいませんでした。

 

早々にクルマを走らせ、まずは福島県は会津にある大内宿を目指します。ナビは3時間近い所要時間を示していましたが、クルマ通りの少ない裏道を選んで走ったせいか、1時間少々で到着しました。

 

以前から気になっていた大内宿。たまたま出発する夜にテレビのすき間番組で見たので、行ってみることにしました。

 

茅葺き屋根の民家が建ち並んでいます。もっと長い通り沿いに民家が並んでいるのをイメージしていましたが、そこは閉ざされた空間でした。父親の生家が昔は茅葺き屋根だったので、懐かしく感じます。

 

そこから北上し、会津若松、喜多方を通り過ぎ(せっかくの喜多方なのに、朝食べたマックのせいでお腹が空いていません。残念!)、道の駅喜多の郷へ。

 

ここには確か温泉があったはず。まだ子供たちが小さい頃に一度来たことがあります。雪の中、露天風呂に入って、まともに雪が積もっているのを初めて見た下の息子が大はしゃぎだったのを覚えています。

 

やはり平日の昼だったので、男湯には数人のお客さんしかおらず、ゆっくり風呂に浸かれました。

 

以前は道の駅の先は道が繋がっていなかったように記憶していましたが、今は山形県と繋がったようです。時計を見ると12時半。その先へ足を伸ばしてみることにしました。

 

着いたのは山形県の米沢。せっかく米沢に来たのだから米沢牛を食べよう!と意気込んだのは良いのですが、うーん、結構高い・・・上杉神社の側にある上杉城史苑のところで米沢牛串焼きが1,000円で売っていました。ちょっと高いとは思いつつ、せっかく来たのだからやっぱり米沢牛は食べていかなければ!!うん、おいしかったですよ。普通に。

 

普段あまりお土産って買わないんですけど、今回は奥さんも子供たちも好きなミルクケーキを買って帰りました。家の近くではプレーン味以外はほとんど見かけませんが、いろいろな味のものが並んでいたので、サクランボ味、ラフランス味など山形ゆかりのフレーバーの他、カマンベールチーズ入りなど、5種類を購入しました。ひと袋210円とお手頃です。

 

さて、この時点で午後3時位。今回の旅は高速道路は使わないと決めていたのと、翌日予定があるので今日中に帰らなければならないので、そろそろ家に向かうことにしました。この時点で家まで約250キロ強。

 

行きは会津若松、喜多方を経由したので国道121号線を使いましたが、帰りは山形・福島県道2号線、西吾妻スカイバレーを通って猪苗代まで向かいました。途中標高1,000mを越えた辺りから紅葉がとてもきれいでした。残念ながら空は曇りから雨に変わるところでったのですが、よく晴れていればもっと素晴らしかったでしょう。また、普段と違う向きから見る会津磐梯山もよかったです。

 

檜原湖の辺りに来る頃には本格的に雨が降り始めました。猪苗代湖沿い、国道49号線沿いのセブンイレブンでひと休み。ここまで1時間半位かかりました。まだまだ先は長いです。

 

猪苗代湖東側を走る県道9号線から国道294号線を経由し、栃木県道27号線へ。なぜ県道27号線かというと、朝もこの道を通っており、クルマ通りが少なく走りやすかったというのと、途中にある馬頭温泉に立ち寄りたかったからです。朝通った時、那珂川町営ゆりがねの湯という施設があることを知ったのですが、時間が早かったため素通りでした。ちょうど雨もかなり強くなってきていたので休憩も兼ねて寄って行くことにしました。

 

ここでもお客さんは10人もいなかったですね。平日というのは旅をするにはいいものです。

 

運転し通しで腰も痛くなっていたのでちょうどいい休憩になりました。この時点で夜720分。残り約90キロ。先が見えてきました。

 

結局烏山、茂木などを経由し、家に着いたのは夜9時過ぎでした。まるで約22時間の耐久レースですね。しかも交代ドライバーなし・・・総走行距離は554キロでした。その後給油していないのでまだ最終的な燃費は分かりませんが、恐ろしく好燃費だったと思います。燃料計の針が(実際にはデジタル表示ですよ)550キロ時点で、通常だとせいぜい400キロ位で到達する位置にいます。今年初めからリセットしていない平均燃費も9ヶ月でほぼずっと10.8km/lだったのに、この旅の間に10.9km/lになりました。たった0.1ですが、普段ちょっとおとなしく走ってもなかなか上がらないんですよ。下がるのはすぐなのに・・・

 

今回のルート、きっとバイクで走っても楽しい道のりでした。機会があればバイクで再度トライしてみたいですね。ただ、1日で走り切るのは大変かもしれません。クルマでも腰が痛くなりましたから。それに加えて肩が凝ったり、お尻が痛くなったり、手首などにも負担がかかるでしょう。それとクルマでよかったのは、まず車中泊が出来ました。それに途中かなりの雨だったので(ワイパーを速い方にしても運転しづらかった位です)。夜、大雨の中、街灯もない山道はさすがにバイクで走りたくないです。でも12日位で春先とか秋口にツーリングするにはとてもいいルートだと思いました。

さすがに今日はのんびりしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

田子坊

この週末はだらだらと過ごしてしまいました。

でも先週末、上海で過ごした休日も同じようなものです。

もう何回来ているか分からない上海ですから、今更どこへ行きたい、とかどこを観たい、というのは特にありません。なのでどうしてもだらだらと過ごしてしまいます。

それでも娘が以前お土産で買っていったお茶を気に入ったらしく今回も買ってきてくれと言うので、同じものを買いに行きました。

行った先は田子坊と言うところです。

中国語の発音はティエンツーファンって感じですか。でも僕らはたこぼう、たこぼうって言ってます。

ここは古い建物が建ち並ぶ狭い路地、といった感じですが、何本かある路地沿いに所狭しと何軒もの店が軒を連ねています。元々あった建物を出来るだけ生かしているそうなので、古い建物と新しいお店のディスプレイが不思議な空間を作り出しています。

地下鉄9号線、打浦橋駅からすぐのところにあります。打浦橋駅のショッピングモールも去年の年末はまだ建設中と言った感じで、お店も少なかったですが、だいぶお店が充実してきました。でも目的地はこのショッピングモールではありません。

本当にこんなところにあるの?と不安になりますが、その細い路地を入ると、そこにはたくさんのお店があります。アーティスティックなお店やお土産屋、飲食店等、本当に色々です。

01

こんな普通の建物の裏に観光地が広がっているとは想像出来ません。

02

こんな立派なパネルが入り口に展示されています。

03
この門の前で記念写真を撮っている中国人の多いこと。

04

入り口は何カ所かありますが、入るとこんな感じです。

ハガキサイズから大判のポスター(というかパネル)大のものまで置いている写真のお店に何軒か立ち寄りましたが、特に中国の子供が写っている写真はどれも魅力的ですね。やはり子供の写真は鉄板です。

毛沢東やオバマ、チェ・ゲバラなどが描かれたグッズを置いているお土産屋さんも何件もあります。

レストランもヨーロッパのビールを多数置いてあるお店、インドカレー、日本の居酒屋風、他にも色々です。

05

お土産屋さんの従業員が休憩していました。

06

この通りはちょっとはずれなのであまり人は歩いていませんした。

07

古い建物と英語がミスマッチです。

08

きみどり色のお店はフォトショップです。

09

おしゃれなお店からちょっと外れると生活感あふれる路地もあります。

そんな中、僕のお目当ては「延楽茶集」というお店。

10

去年の12月に初めて立ち寄りました。

店長さんは若い好青年です。なんでも実家もお茶を作っていて、日本のお茶会社で修行したとか。日本語も達者でした。

お茶の試飲を勧められ、いくつか飲んでみました。

このお店はジャスミン茶が売りで、通常のジャスミン茶は香り付けは2回なのにここのジャスミン茶は4回香り付けをしているそうです。そしてその上を行く上海万博で金賞を受賞したジャスミン茶というのがあって、これはお茶の新芽だけを使って、しかも8回も香り付けをしているのだとか。

「タバコは吸いますか?」と聞かれたので「はい」と答えると、「このジャスミン茶はタバコを吸いながら飲むと香りが一層引き立つんです」と説明を受けました。そして店の横の路地で実際にタバコを吸いながらの試飲。まずタバコを吸って、その後にすするようにお茶を口に含むと、確かに香りが一層際立つように感じられます。

でも僕が気に入ったのは人参烏龍茶です。

なんでも日本のお茶会社とのコラボだそうです。烏龍茶に西洋人参(普通のニンジンです。ワシントン条約で保護されているアメリカニンジンじゃないですよ)をブレンド(?)しているそうなのですが、これがなんとも不思議で、飲んだ後に喉の奥に自然な甘さが残るんです。甜茶に近い感じかな。ニンジン嫌いの僕でもおいしく頂けます。

この自然な甘さが気に入って買って帰ったところ、子供達、特に娘が気に入ったようで、今回出張が決まった時、普段は「中国のお土産なんていらない」と言っているのに、「あのお茶また買ってきて」だって。

今回立ち寄った時には店長さんはいませんでしたが、別の若い店員さんが前回と同じように試飲を勧めてくれました。今回もお店自慢のジャスミン茶を飲ませて頂きました。しかしみんなお茶の入れ方が上手です。まあお茶屋さんで働いているのだから当然と言えばそうなんでしょうけど、中国のお茶の入れ方は見ていて楽しいです。

店員さんはみんな日本語が上手なようなので、もし上海にを旅行して田子坊に行った時にはぜひこのお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ホント、お勧めです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

レトロな鉄道

僕たちが奥さんの実家にいることを伝えると、甥っ子も「おばあちゃんの家に行く」ということになりました。日曜日は部活の試合があるので、月曜日の朝早く家を出て、電車で来るとのこと。

甥っ子は奥さんのお兄さん夫婦の子供で、うちの娘と同い年の高校1年生。上にお姉さんとお兄さんがいます。当時まだ僕ら夫婦にも子供がいなかったこともあり、上二人はよくいろいろなところへ連れて行きましたが、3番目の甥っ子だけは、我が家にも子供が生まれたこと、甥っ子も小さい頃からサッカー漬けの毎日だったこともあり、あまり一緒に出掛けたことがありませんでした。それでも高校性になり、部活もある程度調整できるようになったので、たまに我が家へ泊まりがけで遊びに来たりするようになりました。

今回も月曜日だけはフリーだったので、急遽来ることになったのですが、家から最寄り駅までクルマで15分くらい、そこからJRで約1時間、そして最後に第3セクターのローカル線で15分ほど揺られ、駅から歩いて10分とスムーズにいっても1時間40分の道のりです。

もちろん高校性ですから電車に乗ることには全く不安などありませんが、おばあちゃんの家まで交通機関を利用して1人で来るのは初めてなので、JRの駅まで娘と息子が迎えにやることにしました。こちらも15分ほどの単線ですし、降りるのは終点なので心配はしていません。

ですがそのローカル線、古い車両を使っているので僕も乗りたくなってしまいました。そこで僕はあくまで子供達とは別行動、勝手にローカル線を楽しむ、ということにしました。

結論から言いうと、JR駅での合流で手間取り、本当は一番乗り継ぎがよかったのに1本乗り過ごしてしまった以外は問題なく帰ってきました。

僕はといえば、本当にローカル線を堪能しました。

僕らが乗った車両は、キハ20系キハ205という車両です。帝国車輌、昭和40年とかかれたその車輌はなんとも懐かしいものでした。その時間は1両編成で運行されていました。
205_01
車内はボックス席が主体で、シートに座ってまず目に付いたのは天井に据え付けられた扇風機でした。もちろん冷房もちゃんと装備されていて涼しいのですが、さらに天井の扇風機が風を送ってくれて、なんとも良い感じです。昔の車輌ってみんな扇風機が付いていたような気がしますが、エアコンが普及して、最近では見かけないように思うのですが、どうでしょう。
205_02
ワンマン運行されているその車両、とにかく懐かしさの塊です。さすがに過去にあったであろう灰皿だけは撤去されていますが、窓枠の下には栓抜き(!)が装備されています。シートはだいぶ年期が入っています。窓もちゃんと開きます。壁には扇風機のスイッチもあります。
205_03
205_04
205_05
205_06
205_08

205_09

廃線の話も上がったそうですが、地元の方々が存続に尽力し、第3セクターとして今も住民や観光客の足として存続しています。木立の中をのんびり走るその鉄道に乗って、夏休み気分を味わえた、そんな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)