日記・コラム・つぶやき

2018年1月 1日 (月)

開けましておめでとうございます 2018

開けましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願い致します。

大晦日の昨日、僕の住む地域は小雨の降るあいにくのお天気でした。

仕事は28日が最終日で29日から休みに入ったのですが、クリスマス頃に引いた風邪が完治せず、休み初日はほぼ一日寝て過ごしてしまいました。なので30日、そして昨日は大掃除やら何やらで忙しかったのですが、やはり雨が降っているといろいろとやりづらいです。

そんな訳で(どんな訳?)、いろいろと中途半端な状態で気付けば年を越していました。

路面は濡れているものの空は雲も晴れ、きれいな月が出ています。遠くで除夜の鐘が響いています。どこかで年越しの花火が上がったようです。

子供の頃は年を越すとすぐ、寒い夜道を伯母や母と近所の神社まで元朝参り(初詣とは言っていませんでしたね)に行っていました。近所の神社、と言っても農村の山の中にある、社務所もなければ神主さんが常駐している訳でもなく、縁日が出るどころか照明すらなく、他の人ともまず会わない、小さな祠があるだけの神社ですが、特別な夜という雰囲気が好きでした。

いつの頃からか行かなくなりました。

友人と飲みながら年を越し、一眠りして酔いを冷ました後、早朝、家から50キロ弱の所にある海岸までバイクで初日の出を拝みに行くようになってからは間違いなく近所の神社には行っていません。

初日の出のミニツーリングもいつしかクルマになりました。

以前にも書いたかも知れませんが、CR-Xに乗っていた頃、初日の出がまだ上がる前、渋滞の中で酒気帯びのクラウンに全開加速されサンドウィッチ事故にあったこともあります。

ロードスターで真冬の深夜、幌を降ろしオープンで海まで向かったこともあります。

バイクの頃から一緒に行っていた友人とも就職を機に初日の出には行けなくなってしまいました。

もっとも最近はさすがに夜通し起きて初日の出を拝みに行く体力はありませんが......

昨年は下の息子が高校受験だったのでのんびりムードはありませんでしたが、今年は特に大きなイベントもなく、のんびりした年末年始です。ただ、上の娘が日頃お世話になっている書道の先生の代役で神社の御朱印書きのアルバイトに行っています。大晦日の夜からなので娘のいない初めての年越しとなりました。

さて、話は変わって毎年恒例のMSアクセラ燃費発表です。

昨年の実績は平均燃費11.3Km/l、平均速度は33Km/hでした。約7年落ち、走行距離113,714キロのエコ目的じゃないターボエンジンのクルマとしてはまあまあだと思いませんか?

ただ、やはり経年によるものなのか、真夏や真冬の燃費は以前に比べて悪くなっているような気がします。それでも11万キロを越えたとは思えない走行性能で、まだまだ乗り続けたいと思わせてくれる、本当にいいクルマです。若干足回りは衰えてきた感じで、以前ほどしなやかでは無くなってきています。乗り続けるならダンパーはブッシュを交換した方がいいのかもしれません。

さあ、いよいよ平成最後の年です。また来年ご挨拶が出来るように今年も1年頑張ろう。もっともその前にもう少しブログの更新頻度を上げていかなければ......

SNS全盛の世の中ですが、引き続きテキストベースで頑張りますので、どうぞ今年もご贔屓に。

皆様にとって今年1年もまた良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

拝まれる

皆さんは拝まれたことがありますか?

僕は拝まれるなんて死んで仏様になった時くらいと思っていました。ところが先日拝まれてしまいました。

数日前、息子の塾の終わりを某ドラッグストアの駐車場で待っていました。時間は確か午後8時半位だったと思います。夕方から降り出した雨がやや小降りになっていました。

僕はクルマの中でラジオを聴きながらスマホでネットニュースなどを読んでいたのですが、クルマのそばで自転車の倒れる音が聞えた気がしました。外に目をやると、クルマのすぐ脇に自転車が倒れています。しかも自転車の下に人が倒れているように見えました。

まだ雨は弱くなったとはいえ、傘が欲しい程度に降っています。でも自転車の下の人は起き上がる気配がありません。心配になったのでクルマから降りてみました。すると倒れていたのは70歳位のお婆さんでした。

急いで自転車を起こし、前後のカゴから落ちたと思われる荷物を拾いカゴに収めながらお婆さんに声を掛けました。

大丈夫ですか?

お婆さんは大丈夫ですと答えましたが、自力では起き上がれないようでしたので手を貸して起こしてあげました。

足とか頭とか痛くない?大丈夫です。

気をつけて帰って下さいね、と声を掛けてクルマに乗り込もうとすると、お婆さん、僕を拝みながら、ありがとうございますとお礼を言っています。

いや、別に拝まれるほどのことはしていないんだけどなぁ、と少々照れました。

お婆さんは自転車に乗って帰っていきましたが、直後に雨がまた勢いを増しました。合羽も着ていないようだし、無事に家までたどり着けたか今でも心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

べたな話ですが、この時期、桜がきれいです。

僕の住む地域は恐らく数日前が満開だったのかな、そろそろ花びらが散り始め、葉もだいぶ出てきています。
やっぱり桜の季節はいいですね。やっと暖かくなり、世の中が明るくなります。
桜って普段は全然気にならない、というかそこにあることも気付かないのですが、本当にこの時期はこんなに世の中には桜の木が生えているのかって驚きます。
近くを走る国道沿いに、道路に張り出すように生えている桜があるのですが、それが僕のお気に入りで、この時期だけは通勤ルートを変えて、その桜を見ながら通勤しています。
この数日は日中は半袖でも過ごせるくらい暖かいですが、夜桜で花見をするには寒いので、なかなか腰を据えての花見は出来ていませんが、ゆっくり花見をしながらのんびり過ごしたいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

息子の入学式に思う

昨日(深夜0時を過ぎてしまったので厳密には一昨日)、息子の高校の入学式に行って来ました。

まだ馴染まない制服に身を包み、やや緊張した面持ちで入場してきた息子を見て、僕が高校に入学した頃を思い出しました。

革靴を履き、定期券でバスに乗り、帰りはお店に立ち寄ったりと、急に大人になったような気がしたものです。今思えば全然大人でも何でもないのですが、財布も持たず自転車で通っていた中学生の頃と比べれば、そんな気になるのも分からなくもないかなと、過去を振り返っています。きっと息子も少しはそんな気になっているんじゃないかな。

僕にとって最後の入学式は大学の時ですから、入学式の思い出と言えばその時が一番印象的です。

高校までは、まずクラスを確認し、教室へ行って、先生の説明を受けてから入学式場へ集団で移動、となりますが、大学の場合直接式場へ入り、自分の席を探して着席します。

僕が席に着く頃には両隣は既に来ていました。

僕の左隣に座っていたのは女の子でしたが、僕が席に着くなり、座席に置かれていた封筒を指さし、「中身確認するんだって」と話しかけてきました。僕はどちらかと言えば人見知りする性格なので話しかけてもらえる方が楽です。

それがきっかけでその子とはすぐに仲良くなりました。そして大学を卒業するまでよく一緒に行動する友人グループの一人としてずっと親しくしていました。

卒業後はなかなか会う機会もありませんでしたが、それでも大学時代の友人の中では一番会う機会があったかもしれません。

つい先日も6年ぶりくらいに電話があり、少し話しましたが、偶然にもその子の息子さんも今年大学に入学したとのこと。しかも大学は僕たちが通ったのと同じ。親子二代で同じ学校とのことでした。

卒業してもうだいぶ経ちますから、お互いあの頃とは容姿も立場もだいぶ違っています。それでもこの先もずっとよき友人として付き合っていければ、と思いました。

そう言えば久しく大学の友人たちとも合っていません。たまにはあの頃の仲間と集まって、あの頃のように飲みたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

息子のサッカー

3月10日に中学校を卒業した息子ですが、中学校ではサッカー部に所属していました。

そして今日、卒業セレモニーを含む、中学校での最後のサッカーがあり、僕も観に行きました。

息子は幼稚園の頃からサッカーを続けていて、小学校では6年間少年団サッカーチームに所属、そして少年団所属の大半の子がそうであるように、息子も中学校でサッカー部に入部しました。

小学校までは練習にも送り迎えしていましたし、試合ともなれば父母が会場までの足や試合中のドリンクやタオルなどの用意のサポートなどしていましたからプレイを観る機会も多かったのですが、中学に入ってからは自転車で学校へ行きますし、試合も学校がバスを用意することも多くなり、観る機会もだいぶ減りました。

久しぶりに観た息子のプレイは相変わらずガシガシ行くタイプではありませんが、本人なりに考えてやっているのでしょう。テクニックがない訳ではないのですが、オレがオレが、というタイプではないので、あまり目立たないようです。

この半年位、部活を引退してからは家でボールに触ることもほとんどなく、友達とサッカーをしに行くこともあまりありませんでした。

本人もサッカーは嫌いではないのでしょうが、高校へ行ったら別のことをしたいようです。約10年間続けたサッカーですが、本人に未練がないのならそれはそれでいいんじゃないかな。

まずは途中で止めることなく中学卒業まで続けてきたことに、よくやった、と褒めてあげたいです。そして次に何を選ぶのかはわかりませんが、また新たな世界で頑張ってくれればいいと思っています。

いよいよ明日、最後の志望校の合格発表です。無事合格出来ることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

何もない一日

今年もまた3月11日を迎えました。

一日よい天気でした。そしてだいぶ暖かくなってきています。

昨日中学校を卒業した息子は友達との打ち上げに出掛けていきました。

出掛ける前に、僕と一緒にこの間轢かれて死んでしまったグレハチを埋めてあげました。

ちょっと悲しい別れではありましたが、他にはいつもと変わらない、平和な一日でした。

もうあんな震災があったことなどあまり感じることもありません。

それでも未だにあの震災の余震があります。

僕たちが忘れかけているだけで、東北の方ではまだ復興の道半ば、まだまだ現実である人達もいます。

それにこの6年間に日本国内でも熊本で大きな地震があったり、土砂災害や川の氾濫など、どこかで自然災害が起こっています。

毎年同じ事を書いているかも知れませんが、生きているだけで幸せです。ちょっとくらいの嫌なことなんて、ずっと続く訳じゃありませんし、ちょっとしたいいことでも喜べれば、より幸せです。

来年もこうして今年と変わらないメッセージを発信できればいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

気付けば9年に突入

油断していました。

もう3月じゃないですか!

2月21日をもってブログ開設から丸8年となり、9年目に突入していることに、今日気付きました。

今年は下の息子の高校受験ということもあって年明けから受験一色でした。そんな訳で完全に忘れてました。

そんな息子も今日、最後の試験を終え、とりあえず受験勉強から解放されました。しばらく封印していたゲームやテレビも解禁です。

まあそんなことを言ってますが、結局僕が忘れていただけでした。

相変わらず更新ペースがめちゃめちゃ遅くて、年に何回書いてるんだ、って状況ですが、まだ閉鎖するつもりもございませんので、お暇な方、または気になる記事がある方はその記事だけでも読んで頂ければと思います。

今後共本ブログを宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます 2017

新年明けましておめでとうございます。
本年も当ブログを宜しくお願いいたします。

今年もいい天気。

ここ数年は朝起きたら家から20分くらいのところにある山を登り(クルマでですけどね)、富士山を眺めるのが恒例となっています。今年も雪をかぶった富士山がばっちり拝めました。

去年も年末は恒例の古い友人たちとの忘年会でしたが、一昨年と同じく、帰りに降りる駅を乗り過ごしてしまいました。進歩しませんね。今年は30年目とのこと。今から年末が楽しみです。

去年の元日のブログには「今年ももう一度、ヨハネスブルグには行くことになりそうです」と書いていましたが、幸か不幸か、再上陸はありませんでした。その代りでもないのですが、昨年は初のロシア、モスクワに行きました。モスクワの件も書こう書こうと思いながらまだブログ記事にしていません。近々アップしますのでお待ち下さい。

毎年ご報告しているMSアクセラの年間平均燃費は11.2Km/lでした。年間平均速度は32Km/h。もうすぐ丸6年になり、走行距離も間もなく10万キロに達しようとしているところ。さすがに年式相応にヤレてきています。それでもアクセルを深く踏み込めば264psのエンジンはまだまだ十分以上のパワーでクルマを走らせてくれます。

最近では最速のFFとして次期新型シビックタイプRが話題ですが、まだまだMSアクセラだって頑張りますよ。

数年前から「今年こそは何か新しいことを始めよう」と思っていますが、まだ実現には至っていません。今年こそ何か始めようと思います。

ブログの方も相変わらずゆるーい更新ペースですが、引き続きその時々で思ったことなど書き綴っていきたいと思いますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します。

今年一年も皆さんにとって良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

懐かしい校舎が......

毎日通勤で通っているルートに僕が通っていた小学校があります。

今、一部の校舎を解体しています。恐らく新しい校舎が完成したのと、地震の影響もあっての老朽化が理由なのだと思いますが、なんとも寂しい思いです。

僕は小学校1年生から2年生に上がる春休みに引っ越してきて、2年生からその小学校に通いましたが、最初に入った教室があった校舎は数年前に取り壊されました。そしてちょうど僕が転校した頃に建った六角形の校舎と、僕が在学中に建った校舎が今取り壊されています。

六角形の教室がつながった校舎は当時新鮮でしたし、途中からプラネタリウムが増設され、プラネタリウムがあるのがなんか特別な感じがして嬉しかったです。また、その校舎にはよく通った図書館や、売ることが楽しかった購買部等があり、とても思いで深い校舎です。

もうひとつ(厳密には二つ)の方は、形は普通の四角い建物でしたが、できたてでピカピカだったのと、高学年で使っていた校舎なので、いろいろなことをよく覚えています。

学校は安全が第一ですから、老朽化した校舎は建て替えもやむなしといったところですが、思い出の校舎がなくなっていくのは本当に寂しいです。

もっとも、僕の子供達は僕と同じ校舎を使っていたので、授業参観で懐かしの教室に入ることは出来ましたし、ふたりとももう小学校はとっくに卒業しているのでもう入ることもありません。

僕の通っていた中学校も、当時木造平屋建てでしたからずいぶん前に建て替えられましたし、高校もいつの間にか本校舎はガラス張りの、今風なきれいな建物に建て替えられていました。子供の頃住んでいたアパートも、学生の頃住んでいたアパートも今はありません。最初に就職した会社も今は別のところに移転しました。

どんどん思い出の建物がなくなっていきますが、仕方ないことなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

特別な一日

皆さんにとって、今日は特別な日であり続けているでしょうか?

そしてあの日、皆さんはどこで何をされていたでしょうか?

僕はといえば、毎年こうやってブログに書くことはしていますが、ただそれだけです。

コンビニで食べ物や飲み物を買い、ガソリンが満タンに入ったクルマに乗り、家に帰り、明るい照明と暖かい暖房の中、暖かい夕食を食べ、風呂に入る。そしてベッドで眠りに落ちる。

もう何年も繰り返しています。

だけどあの日、そしてそれからしばらくは電気や水が止まっていたり(幸い我が家は半日の停電以外、水もガスも止まらず、その点ではあまり苦労しませんでしたが)、生鮮食料品やインスタント食品、清涼飲料水などが手に入りづらかったり、ガソリンを求めてスタンドをはしごし、何時間も並んで20リッターだけしか給油出来ず、日常生活が普通に送れない、そんな経験をしたんですよね。

もちろんそんなことは、家を流されたり、大切な人を失ったり、そんな方々に比べれば苦労なんて言うほど大したこともなく、結局普通に生活しています。

それでも今日の空はあの日と同じ、どんよりと曇って時折小雨がぱらつき、先日の暖かさが嘘のような寒さ。あの日のことをリアルに思い出します。

昨年はかつての職場近辺は川の氾濫でたいへんなことになっていた光景も目の当たりにしました。

備えていても災害は止めることはできません。

悔いが残らないような日々を過ごしていこうと思います。

とりとめのない駄文、失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧