趣味

2010年9月30日 (木)

たまにはクルマのことなど

ここのところZippoやVAIOのことばかりだったので、たまには違った話題でも。

僕の現在の愛車はもう数ヶ月で購入してから丸10年たちます。いわゆるミニバンです。

確かに便利です。過去には引っ越しの時にも大変世話になりました。二人の子供たちが小さかった頃も便利でした。キャンプへ行くにも荷物が積みきれないなんてこと一切なかったし、親子四人で車中泊をしても熟睡できます。飲んだ日に置いていったクルマを翌日自転車に乗って取りに行き、その自転車を積んで帰るなんてことも余裕です。

ただ、ATのミニバンですから、運転する楽しみはあまりありません。いや、ミニバンは便利だし、クルマでどこかへ行って何かをしようという気にさせてくれます。ミニバンのある生活は捨てたもんじゃありません。

でもねぇ、たまに運転そのものを楽しみたいと思う時があるんですよ。

というのも、今でこそ7人乗ってもそこそこ荷物が積めるような生活してますけど、その前は二代(台)に渡ってマニュアルの2シータ-、あるいは2+2というクルマに乗っていたもので。

最初の愛車はホンダバラードスポーツCR-X Siでしたし、2台目の愛車はユーノスロードスター。どちらも走ってナンボのクルマたちでしたから。最近無性にマニュアルトランスミッションのクルマに乗りたいんです。

でも最近はマニュアルの設定があるクルマってだいぶ少なくなっているじゃないですか。僕がむかーし昔、ホンダのディーラーでクルマを売っていた頃、初代レジェンドの2ドアハードトップはATしかないことに驚いたものです。

去年奥さんのクルマを買い換えたので、まだまだ僕のクルマは買い換えられませんが、買い換えるとしたら、何台か候補があります。

まだ下の子供が小学生なので、マツダロードスターは無理です。アバルトグランデプントもいいんですけど、やっぱり定員4名は、家族四人では他の人が一切乗せられないのでこれもバツ。最低5人は乗れないとまだ困るんです。ルーテシアルノースポーツも同じ理由でNG。もう一台ミニバンでもいいと思っていたのですが、狙っていたマツダMPVはターボモデルがカタログ落ちしてしまいました。

で、今候補に残っているのが二台ありまして、それはマツダスピードアクセラルノーカングーです。

マツダスピードアクセラは264psの大パワーを前輪だけで受け止める、かなりマニアックな存在。マニュアルしかない、潔い男の車です。

片やルノーカングーは、フランス生まれの商用車。だけど国産の商用車にはないおしゃれな雰囲気と、商用車ならではの収納性。こちらはATもマニュアルもありますが、当然選ぶならマニュアルです。1.4トンもの車体をわずか105psの1.6リッターエンジンが受け持つのですから、やはりマニュアルしかありません。

マツダスピードアクセラなら、マニュアルだし運転そのものに喜びを見いだせるでしょう。

家族を優先させ、クルマを使ってどこかへ行ったり何かをするのならカングーですね。それでもせめてマニュアルできびきび走らせたい。

まだまだ購入はいつになるかわからないというのに、今からどちらにしようか悩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

銅Zippo

ちょっとVAIOの話は小休止して、久しぶりにZippoのことを書きます。

先日、新しいZippoをひとつ購入しました。購入したのは以前普段使い用を購入した某ホームセンター(よかったら「またまたZippoネタですみません」を参照して下さい)です。

その普段使い用を購入する際、既にショーケースの中にそれはあったのですが、ちょっとおもしろいな、と思い、購入することにしました。それがこれです。

Dsc01415
赤銅色のこ奴はモデル#161。一般的なZippoのケースの素材は真鍮ですが、161は銅で出来ています。銅、すなわちSolid Copper。まさに新品の10円玉の色。使い込むうちに10円玉と同じような色の変化もありそうです。ちなみにインサイドユニットも同じ色にコーティングされています。

Wikipediaの記事よると、Zippoのケース素材としては、他に金、銀、チタン等が使われるモデルもあるそうです。シルバーモデルはよく見かけますよね。過去には鉄、ニッケルなどが使われたこともあるそうです。真鍮のケースは一般的にはクロムメッキがされますが、無垢の真鍮のモデルもあります。

Sold Copperの161は、もう生産中止となっているようですが、その割にはお値段はお手頃価格(3,000円台)。さほど貴重なものではないのでしょうが、またひとつ、変わり種が僕のコレクションに増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

イムコ ストリームライン

またしても久しぶりの更新です。

昨日、今日と寒い日が続きますね。おとといは20度越えかと思えば、昨日は10度を下回る気温。今日に至っては、夜クルマを走らせていると、フロントガラスにの片鱗が!もう4月も後半、桜も散り始めていると言うのに。いつになったら本格的な春らしい気候になるんでしょうね。

昨日、今日と仕事で東京へ行きました。

昔はよく国内のいろいろなところへ出張しましたが、今の会社に入ってからは海外出張の方が多いです。そんな中、やはりお客さんの本社がある東京だけはたまに出張に行きます。出張と言っても普通列車で2時間弱ですから、たいしたことはないのですが。

今日は仕事が6時半位で終わったので、アメ横に立ち寄りました。ここにはいくつもライターを扱っているお店があります。昔はよくモデルガンを見に行ったりしましたが、最近ではもっぱらライターを見ることが多いですね。

以前IMCOのライターのことを書いたことがありますが、今日もひとつIMCOのライターを買ってきました。今日購入したのは、ストリームラインというモデルです。

100416_23490001
以前紹介したのはトリプレックススーパーというモデルです。これはオイルタンク部が丸くて、外側に可動式の風防が付いているモデルで、過去ずっとこのモデルを使っていました。思えば最初に買ったのもアメ横でした。今回のストリームラインは、オイルタンクが四角で、ちょっと薄いです。なんとなくトリプレックスよりスーツに合いそうなイメージです。ただ、オイルタンクの容量はトリプレックスより少なそうなので、オイルの持ちと言う点ではトリプレックスに分があるでしょう。

100416_23510001
しかしIMCOって安くて、Zippoと比べるとかなりちゃちい感じがするのですが、元々軍隊で使用することを前提に開発されたので、機能的には全く問題 ありません。むしろワンアクションで着火するという点はZippoより便利かもしれません。歴史的にもZippoより古いし。まあ、とにかくZippoと同じくらい僕はIMCOのライターも好きってことです。

100416_23500003
トリプレックススーパー以外のIMCOは初めて購入しましたが、やっぱりアメ横は安いですね。今日買ったお店ではストリームライン650円でした。トリプレックススーパー550 円トリプレックスジュニア450円だったかな?先日買ったトリプレックススーパー800円しました。

この差はなんなんだ!ま、この間はいわゆるデパートで買ったのでしょうがないんですけど。

別のお店でZippoも見てきましたけど、いくつか「欲しい!」と思えるものがありました。ちょっと持ち合わせがなくて買ってきませんでしたけどね。

そのうちZippoの買出しにでも行こうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

Zippo 1932 レプリカ (もうちょっとZippoネタで引っ張ります)

Zippoネタが続きますがご容赦を。

僕のWeb Siteに、Zippoのことを書くためにいろいろと調べていたのですが、僕のコレクションのひとつがそこそこ貴重なものだと言うことがわかりました。

それは「1932レプリカ」というものです。新婚旅行で行ったハワイはワイキキのDuty Free Shopで購入したものです。僕の記憶ではそんなに高価ではなかったと思うのですが(友人へのお土産としても何個か購入しましたから)、調べてみると高価だったためあまり売れなかったとか。Zippoのファーストモデルは歴史上、3回製造されているそうです。それぞれ1932レプリカ1932レプリカセカンドリリース1933レプリカファーストリリースと呼ばれているそうです。Zippoはファーストモデルを1932年より販売していたとして1932レプリカを販売しましたが、その後、ファールとモデルの販売開始時期が1933年だったことが分かり(おいおい、普通自分の会社の商品の販売開始時期間違えるか?)、1933レプリカを出したそうです。ですから、ある意味1932レプリカは貴重なんだとか。そりゃそうですよね、今後「1932レプリカ」という刻印のモデルは絶対に販売されないんですから。切手のミスプリントと一緒です。そんな大層なものだったなんて、今まで知りませんでした。恐らく友人もそんな貴重なものだなんて全く知らずに普通に使っていたんじゃないでしょうか。たまたま僕は普段使いがあったので、今まで使わずに来ましたが。

僕の1932レプリカはこんな化粧箱に収まっています。

100223_233301

で、開けるとこんな感じ。

100223_233401

刻印はこんな感じです。

100223_233602

ちょっと分かりづらいと思いますが、

ZIPPO MFG. CO. BRADFORD. PA.
  ORIGINAL 1932 REPLICA
     ZIPPO
PAT. PENDIND MADE IN U.S.A.

こんなんです。

ボトムを除く全面が同じ仕上げなので、1992年ユニット版のようです。上面、側面がハイポリッシュ仕上げだとホントの1932レプリカ初年度モデル(1988年モデル)らしいですが、いずれにせよ、第一次の1932レプリカであることに違いありません。

1932レプリカセカンドリリースはボトムの刻印が違うようです。当然1933レプリカも。

WebのZippo Shopでは2万円台から6万円台で販売されているようです(えっ!そんなに高いの?)。僕が購入した時は、DFSで山積みでしたけど。煙草を吸う友人にはこれを、吸わない友人にはMini MAG Rightを(値段的にあまり差がなかった)を買っていったので、そんなに高くなかったと思うんですけどね。

ま、このとんがり具合から言って、Yシャツのポケットに穴を開ける原因になりかねませんから今更おろして使うなんてことはないと思いますが。あんまりほおっておいたせいか、フリントが粉になってました・・・・・・(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

またまたZippoネタですみません

無事僕の元へ帰ってきた愛用のWindy

実はインサイドユニットは別のZippoから移殖したものです。元のインサイドユニットは板バネ(?)が折れてしまい、ケースのフタがロックされなくなってしまいました。他にケースのヒンジ部のピンが折れてしまい、永い眠りについていたやつがあったので、そちらのインサイドユニットを移殖したのです。

しかしWindyのヒンジ部もかなり磨耗しており、いつフタと本体が泣き別れになってもおかしくありません。以前から考えていたのですが、今回の出来事を機会に、普段使い用に、落として傷がついても惜しくないような、徹底的に使い倒すためのものを購入することにしました。

いわゆるレギュラーモデルでもよかったのですが、そこはやはりなんらかデザインなり図柄なりないと面白くありません。今日はホームセンターながら限定モデルや珍しいモデルを置いている某ホームセンターを覗きに行きました。

そこに、いかにも安っぽい売れ残りのような、野暮ったい図柄のZippoがいくつか、ひとつ1500円で売られていました。

1500円?

レギュラーモデルより安くないですか?ひょっとしてZippoもどき?でもれっきとしたZippoでした。もし気に入った図柄があれば普段使いにはもってこいです。

で、結局買ってしまいました。それがこれです。

100220_220201_2

Windyじゃないけど、やっぱり女性の図柄が好きなんです。ちょっと心配なのは、図柄がエッチングではなさそうなので、そのうち消えてしまうんじゃないかということ。その時はその時でしかたないですね。とりあえずこれを普段使いにして、Windyは修理に出そうかと思っています。ついでにインサイドユニットの移殖元になったやつもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

最初から更新遅れ気味です

前の更新からはや半月以上が経過してしまいました。マメな正確じゃないので、僕のようなめんどくさがり屋にはブログは向いていないのかも・・・

とは言え、なにかを発信したいという気持ちがあるのもまた事実。

ブログの紹介にも書いてある通り、もともと器用貧乏な性格なので、いろんなことに興味があって、いろんなことにちょこちょこ手をだして、趣味と呼べるところまで至る前に別のことにまた手を出す。だから僕の中にはいろんなものが詰まったおもちゃ箱があるみたいです。それでブログのタイトルもこんな風にしました。

実は以前から同名のWebサイトを立ち上げています。なかなかその存在を知られることがないので、全然アクセス数が伸びませんが、好きな事を好きな時に書いて、のんびり運営しています。Tomのおもちゃ箱っていうWebサイトです。もしよかったら、そちらも覗いてみて下さい。

バイクのこと、クルマのこと、自転車のこと、楽器やコンピュータ、カメラ、酒やタバコといった嗜好品など、好きなモノの話が全てです。まだまだコンテンツは少ないですし、HTML手打ちなのでたいしたデザインでもないですけど、少しずつ内容も充実させていこうと思っています。

ちなみにその他好きなことは、読書、映画、音楽鑑賞。この辺はノンポリなので、特定のジャンルにこだわることなく、手当たり次第に手を出しています。それから、酒器やライターを少しずつ集めたりもしています。

その辺の話も、今後少しずつブログで紹介していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)