音楽

2018年5月 5日 (土)

大御所の曲で好きなもの

GWも佳境に入りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

GWとは全く関係ない話ですが、好きなミュージシャンの曲の中でもこの曲が特に好き!っていうのがあると思います。

僕はフォークからニューミュージックに移行する頃の世代ですので、中学から大学までにかけて、結構そういうジャンルの曲を聴いてきました。例えば井上陽水、吉田拓郎、ユーミン、中島みゆき。まあミーハーと言われればそうかも知れませんが、フォーク世代の大御所達です。この方達の曲の中で特に好きな曲を挙げたいと思います。

まず井上陽水

名曲はたくさんありますが、僕がもっとも好きな曲はアルバム「氷の世界」に収録されている「帰れない二人」です。アルバム自体も「氷の世界」が大好きなのですが、特にこの曲が好きですね。この曲は忌野清志郎との合作だそうで、RCサクセションの「指輪をはめたい」が元になっているとか。確かにRCの曲を聴いていて「何がの曲に似ているな」(僕はこちらを聴いたのが後だったので)と思いましたが、元は同じ曲だったと知った時には驚きました。ちなみにRCの「SKY PILOT」を聴いた時も中森明菜のアルバム「D404ME」に収録されている「STAR PILOT」と曲が一緒だ!と驚きましたが、ネットの情報によると、元々明菜から依頼を受け清志郎が作詞作曲したものの、歌詞がきわどかったため歌詞だけ明菜用に別の作詞家が作詞したとか。オリジナルの歌詞でRCがのちに「SKY PILOT」として発表したそうです。

脱線しましたが、「帰れない二人」は陽水の曲の中でのBest1です。間奏のドラムからピアノに繋がるところが特に好きですね。

陽水の曲ではもちろんメジャーな「少年時代」なども好きですが、やはり一番は「帰れない二人」です。

ユーミン

まず、ユーミンのアルバムで僕のBest1はデビューアルバム「ひこうき雲」です。そしてその収録曲の「空と海の輝きに向けて」がユーミンの曲の中で僕がもっとも好きな曲です。そもそも最初に書いた通り、「ひこうき雲」自体が一番好きなアルバムなのですが、その中でも特に好きです。終盤のハモりのところなど、聴いているとゾクゾクしてきます。

ユーミンは一時期集中して聴いていたので、「時のないホテル」や「PEARL PIERCE」、「DA・DI・DA」などはどれを一位にしてもいいのですが、やはりトップは「ひこうき雲」です。

他には上記のアルバムに収録されている「セシルの週末」(昔付き合っていた彼女がこれに近い娘だった)、「よそゆき顔で」(同じくその頃の彼女との思い出がこの曲に近い。もちろん僕が感じた彼女目線。残念ながらセリカには乗っていませんでしたが)、「真珠のピアス」、「DANG DANG」、「青春のリグレット」、あとアルバム「水の中のASIAへ」に収録の「スラバヤ通りの妹へ」や、「ナビゲイター」、「海を見ていた午後」、「潮風にちぎれて」、「VOYAGER~日付のない墓標」など、好きな曲はたくさんあります。

でも、やはり一番は「空と海の輝きに向けて」ですね。

吉田拓郎

フォーク世代ですから、お約束通り散々コピーしました。いや、ギターで、ですよ。

で、拓郎の曲のBest1は月並みですが「流星」です。これを置いて他はありません。この曲は爆笑問題太田が映画の打ち上げで歌ったとか、「この曲は僕の曲にしてください!」と頼んだとか、いろいろな人がカバーしてるとかで結構メジャーですが、そうなるだろうな、と思わせる曲です。僕だって「この曲は僕の曲にしてください!」と言いたくなります。

一時期友達の影響で「外は白い雪の夜」を一位にしかけましたが、やはり僕にとっては「流星」です。もちろん「外は白い雪の夜」も大好きな曲ですけどね。

拓郎について若干書いた量が少ないと思われるでしょうが、「流星」の比重が非常に大きいので他の曲について書けないんです。スミマセン。

最後、中島みゆき

彼女は一時期僕の大部分を占めていました。聴き込んだ量は上記三人以上です。そんな彼女のアルバムではBest1は「あ・り・が・と・う」なのですが、曲のBestとなると難しいです。収録曲では「遍路」、「店の名はライフ」、「ホームにて」、「時は流れて」がどれを一番にしてもいいくらい好きなのですが、他のアルバムに収録されている「タクシードライバー」、「根雪」(アルバム「親愛なる者へ」収録)や「世情」(アルバム「愛していると云ってくれ」収録)、
エレーン」(アルバム「生きていてもいいですか」収録)、「夜曲」(アルバム「臨月」収録)など多々あり、なかなか決めかねます。さらに「僕は青い鳥」(アルバム「はじめまして」収録)も好きで、曲についてはBest1を決められません。

みゆきについては曲のBest1は、やっぱり決められないので濁します。

しかしこうして思い起こすと、やはり巨匠たちはただただ凄い!

こんなにもたくさんの魅力的な曲を世に送り出しているのですから。そんな巨匠達と同じ時代を生きているだけで幸せです。

ちなみに、80年代、90年代は他にもRCサクセション沢田聖子石川優子白井貴子中村あゆみREBECCAPRINCESS PRINCESS佐野元春BARBEE BOYSPERSONZARB小比類巻かほる、変ったところでは相曽晴日クレヨン社など、それに加えてちょろちょろと洋楽(Best Hit USAを毎週観てました)など、ノンポリで聴いてました。

思い出すと、とても懐かしいです。
ちなみに僕のWalkmanにはここにでてきたほとんどのアーティストの曲が入れてあります。

長文失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

訃報 藤岡幹大さん

突然の悲しいニュースに驚いています。

ニュースでも取り上げられているので既にご存じの方も多いかと思いますが、ギタリストの藤岡幹大さんがお亡くなりになりました。享年36歳とのことで、まだお若いのに非常に残念です。

BABYMETALをバックで支える神バンドの小神様として知られる藤岡さん、160センチを切る身長と、普段の優しげな表情から「カワイイ」と評判でしたが、ギターのテクニックは素晴らしく、BABYMETALでの活動の他にもロック、ジャズ、フュージョン、その他ジャンルにこだわらない、よどみのないその演奏はとても素晴らしかったです。Musicians Institute Japanで講師もされていましたので、その技術と知識は本物でした。

ご本人は「狂気の笑顔」の演出とおっしゃっていたようですが、彼がステージ上で見せる笑みは、僕には神バンドでの演奏が楽しくて仕方がないように見えました。

大神様こと大村孝佳さんとの師弟コンビの絡みももう観られない(聴けない)のかと思うと残念で仕方ありません。まだ生でBABYMETALのステージを目にしたことはありませんが、その時は是非師弟コンビで、と思っていましたが、もうその願いも叶いません。

BABYMETALの3姫からはもちろん、国内外の多くのメディア、ミュージシャンからコメントが出ているそうで、いかに凄い人だったかわかります。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

ペドロ&カプリシャス

ペドロ&カプリシャスってご存じですか?

僕と同世代以上の方はたぶんご存じだと思いますが、高橋真梨子が在籍していたこともあり、その当時「ジョニィへの伝言」や「五番街のマリーへ」などヒットを飛ばし、紅白にも出場経験のあるバンドです。

上記の二曲は1973年のヒット曲だったようです。当時僕は小学四年生でしたが、ヒッピーっぽい風体や、「ジョニィ」、「マリー」、「五番街」といった、ちょっと外国を想像させるワード、それに歌謡曲に慣れた耳には新鮮な、(当時の僕が思い浮かべる)洋楽を感じさせる曲調などからとても印象深く記憶に刻まれていました。

久々にその二曲が聴きたくなりネットで探していたら、なんと オフィシャルサイト を見つけました。失礼ながら、とっくに解散してしまっていたと思っていたので、とても驚きです。

1971年から活動されているそうですから、もう45年も続いているのですね。

高橋真梨子は当時高橋まりの名前で参加していたようですが、二代目ボーカルだったことも初めて知りました。

最近はどの様な曲を演奏されているのか気になる所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

スペクトラム

皆さんはスペクトラムというバンドをご存じでしょうか?

僕と同じ世代の人なら、よくは知らなくても、コスプレのような衣装(古代ギリシャの戦士風だったりバイキングのような角の生えたヘルメットなど)を身にまとい、トランペットやトロンボーンもいるブラスロックバンドで、ボーカルの人がファルセットで歌い、西部劇の拳銃のようにトランペットをくるくる回すあのバンド、といえばなんとなく思い出される方もいらっしゃるのでは?

久しぶりに彼らの曲を聴いたので、スペクトラムの思い出など書いてみたいと思います。

以前から何曲かはテレビやラジオで聴いていたのでその存在は知っていましたが、本格的に聴くようになったのは吹奏楽を始めてからです。

吹奏楽を始めた時のパートはトランペットだったのですが、トランペットの先輩が聴いていて、僕も聴くようになりました。それとその先輩、トランペット回しもよくやっていました。

でもトランペット回し、失敗して楽器を落とすこともあり、マウスピースが床を直撃すると抜けなくなるんです。

イン・ザ・スペース」はよくテレビやラジオでも流れていましたし、「夜明け(アルバ)」はそのまんま、セイコーアルバという腕時計のCMソングだったので、聞いたことがある人も多いんじゃないかな?

それと、プロレスラー、スタン・ハンセンの全日本プロレスでの入場テーマ曲で、今でもバラエティ番組などの乱闘時などにも使われている「サンライズ」もスペクトラムの曲です。

そんなスペクトラムですが、僕が今でも時々聴いているのは3枚目のアルバム、「TIME BREAK」です。

このアルバムには、上にも書いた「夜明け(アルバ)」も収録されていますが、圧巻なのは約20分にも及ぶ1曲目(というか組曲なのですが)の「LYRISCHE SUITE "RESPITE OF A SOLDIER"(抒情組曲「戦士の休息」)」です。レコードだとA面はこの組曲だけで終わってしまうほどです(ちなみに、ロック系の組曲的なものは結構好きで、ピンクフロイドの「原始心母」などもよく聴きました。これもトランペットの先輩から教えてもらった曲です)。それとスペクトラムいちの超難関曲「あがき」も収録されています。

大学の時、学園祭のブラスコンサートで各楽器のパート紹介があったのですが、僕が担当していたユーフォニウムという楽器、他の楽器には一般の人にもわかりやすい代表曲(例えばトランペットなら「トランペット吹きの休日」、ホルンならウルトラセブンの歌のイントロ、トロンボーンはスライドを動かしながら音を出すだけでOK、みたいに)があるのですが、ユーフォニウムは楽器自体マイナーですし、わかりやすい代表曲がありません。そこでどうせ何を吹いてもわからないのならと、上記の組曲の中の「故郷(His Native Place)」という曲を、本来ならトランペットとトロンボーンの掛け合いなのですが、ユーフォニウム2本で吹いたこともあります。

スペクトラムとしては1979年から1981年までの約2年ほどしか活動していませんでしたが、僕の中ではインパクトの強い、とても印象深いバンドでした。

YouTubeでも視聴できるので、興味のある人は是非一度視聴してみて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

桑名正博

桑名正博が脳幹出血で倒れ、意識不明の状態が続いています。

脳幹出血というのは、頭痛の症状が出てすぐに呼吸停止になることもあるほどの危険なものだそうです。脳幹は意識の制御と生命を維持するために大変重要な器官で、ダメージを受けた場合、自律神経やホルモン、呼吸にまで影響を及ぼすそうです。なので手術もなかなか難しい場所のようです。容体は安定しているそうですので、このまま回復に向かうといいですね。

もう3年位前になりますが、1988年の広島平和コンサートテーマ曲(その時点でも20年以上前の曲でしたが)「君を守りたい」を紹介した記事 を書いたことがあります。YouTubeの動画もLinkしましたが、その動画の中で桑名正博は元気に歌っています。恐らく当時まだ30代。それが今や58歳。髪も髭もだいぶ白くなってきています。とは言え、まだ倒れるには早すぎます。

一日でも早く元気になって復帰されることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

プリンセスプリンセスをテレビで見ました

16年ぶりに復活したプリンセスプリンセスを先ほどミュージックステーションで見ました。

さすがは一世を風靡した彼女たちです。そのブランクを感じさせない見事なライブパフォーマンスでした。

プリプリの曲は昔よく聴きました。夏になると「世界で一番暑い夏」が聴きたくなります。逆に「世界で一番暑い夏」を聴くと夏を思い出します。

しかしなんですね。いつも思うのですが、久しぶりに見る芸能人、しかも女性だと、学校を卒業して数十年ぶりに同級生に会った時のようです。

特にプリプリのメンバーは僕とほぼ同世代。リアルにそう感じます。

つまり、昔憧れていた同級生の女の子を、例えば子供の授業参観に行ったら同じ教室で見かけた時に感じる、「だいぶ年取ったなぁ」という感じです。いや、それでもプリプリのメンバーは芸能人だっただけあって、一般人よりは垢抜けていますが、それでも受ける感じは同級生と同じだなぁって思います。

失礼な話かも知れませんが、現役当時一番落ち着いた感じだった渡辺さんが一番変化が少ないように見えました。

大きなお世話でしたね。

いずれにせよ、東日本大震災の復興支援ということでの1年間の限定復活です。僕は常々、売名行為だとかいわれても芸能人がそのネームバリューを生かして復興支援に携わるのはなにもしないより絶対に良いことだと思っています。ですからプリプリを応援することで、プリプリが活動することが少しでも復興の支援になるのなら、彼女たちが復活したことに意味はあると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

中島みゆき

いつもコメントを下さるもぐらさんに返信を書いていて、中島みゆきの話になってきたので、これは長くなりそうだ、と思い、ちゃんと書くことにしました。

僕もそれまでは世間一般の評価通り、中島みゆきの曲は暗い、という認識でいて、ほとんど聴いたことがありませんでした。もちろんヒットした「わかれうた」くらいは知っていたし、研ナオコの「あばよ」、「かもめはかもめ」、桜田純子の「しあわせ芝居」、「追いかけてヨコハマ」などは中島みゆきが提供した曲だと言うことも知っていました。そして他にもいろいろな人に楽曲を提供していることも。

それが何故かいきなりアルバムを購入して聴き込むことになります。そのアルバムは「生きていてもいいですか」。一面真っ黒な中に小さく「生きていてもいいですか」とだけ書かれたジャケットは本人が"真っ暗けの局地"と言うだけのことはあって、レコードに針を落とすと(この頃はCDなんてありませんでしたから)、いきなりアカペラで「うらみま~す~うらみ~ます」って始まるんですから、いやそのインパクトといったらもう凄いのなんのって。

だけど不思議と何度も繰り返し聴きたくなるんですよね。

そして実は僕がこのアルバムの中で一番好きなのは、意外にもギターだけの弾き語りで歌われた、「蕎麦屋」です。ほっと一息つける曲です。まだギターを初めて1~2年くらいの頃で、この曲もよく練習しました。

このアルバムですっかり中島みゆきにはまった僕は、デビューアルバムの「私の声が聞こえますか」から順に聴き始めるのでした。そして「生きていてもいいですか」の次のアルバム、「臨月」が発売されるまでに、それまでのアルバムを全部聴き切りました。

その一方で、高校性にもなれば夜更かしをしてラジオの深夜放送など聴くようになります。はい、皆さん僕がなにを言わんとしているか想像できましたね。そうです。オールナイトニッポンです。中島みゆきは月曜1部を担当していました。ラジオから聞こえてくるそのしゃべりは、暗いアーティストの代表のように言われていた彼女からは想像も出来ないくらい明るい、というかなんというか、とにかく真逆なしゃべりなんです。ではそのギャップが嫌いか、と言えば全然嫌いではなく、最終回の番組終了間際は、当時大学生で一人暮らしをしていましたが、アパートで正座して番組が終わるのを聞き届けました。

ちなみにオールナイトニッポンが始まる前の30分間が「コッキーポップ」の放送時間でした。この番組でヤマハ系のアーティストを何人も知ることになります。

僕の中でのベストは3作目のアルバム「あ・り・が・と・う」です。ちょうど高校2年の修学旅行の時にこの曲をテープにダビングして、ユーミンのデビューアルバム「ひこうき雲」と一緒に持っていったりしました。また、僕の行っていた高校は文化祭が2年に一度しか行われないので、唯一の文化祭が行われたのも同じ頃でした。なのでこの2枚のアルバムを聴くと修学旅行や文化祭で楽しかった頃を思い出します。

「あ・り・が・と・う」の中でも「遍路」、「店の名はライフ」、「時は流れて」などが好きなのですが、やはりこのアルバムでもギター1本で弾き語る「ホームにて」が一番好きです。

あと、5作目のアルバム、「親愛なる者へ」に収録されている「タクシードライバー」や「根雪」も好きな曲です。

「臨月」以降はポップス色が強くなってきますが、決して良さは変わりません。「臨月」に収録されている「夜曲」のハーモニカを聴いて、クロマチックハーモニカに手を出したりもしました。

バンドなどをやり始めたりしたこともあって、聴く音楽がだんだん違ってきたりもして、「36.5°C」を最後に、しばらく中島みゆきからは離れていましたが、ある頃から、以前ほどではありませんがまた聴くようになりました。やはり中島みゆきは素晴らしいです!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

やっとゴールデンウィーク

4/29に出張から戻ってきて、土日は普通に休めましたが、5/2、3、4と仕事だったので、やっと今日からゴールデンウィークです。

例年ですと、大体4/29からゴールデンウィークの週の終わりの土日まで連休なのですが(今年なら4/29~5/8)、節電の影響でゴールデンウィークに仕事をして、その分夏休みを多くするみたいです。それに加えてまた5/8から出張になります。そんな訳で今年は3日間だけのゴールデンウィークです。

去年は電動工具をいくつか買いそろえて簡単なウッドデッキを作りましたが、今年は短い休みなので洗車するくらいで終わってしまいそうです。今日は僕のMSアクセラと奥さんのベリーサを2台まとめて洗車しました。

また、普段の年だとキャンプへ行ったりもしますが、今日の気温だとちょっとキャンプには寒いですね。せめて庭でバーベキューでも出来ればいいのですが、奥さんの仕事だとか娘の塾だとかでなかなか夜もゆっくり時間がとれません。

なので今日は、いつも出張に持って行くウォークマンに曲を追加するのにCDを借りてきました。

僕はaikoの「まとめⅠ」「まとめⅡ」とイルカの「イルカ全曲集」、ユーミンの「ひこうき雲」「PEARL PIERCE」を借りました。新旧入り乱れています。娘はAKBやらSKEやらを借りました。

最近レンタルでは過去にレコードで聞いていたものをCDで借りてデジタル録音で残すことをよくやっています。先日のキャンディーズもそうですし、中島みゆきユーミン、その他フォーク、ニューミュージックのジャンルに含まれるものをウォークマンに入れてクルマで聞いています。それで奥さんに「古臭い」と言われるんです。たった3歳違いでも世代の違いを感じてしまう瞬間です。考えてみれば僕が中学生の時、奥さんはまだ小学生、僕が高校生の時にはやっと中学生。中学、高校の頃って結構聴く曲のジャンルなどに変化が出てくる頃じゃないですか。だからなのかな。

イルカは中学、高校の頃ギターの練習でよくやりました。ばりばりのフォーク世代ですから、練習曲は吉田拓郎イルカ中島みゆき、その他フォークの定番曲です。久しぶりに聴くイルカはとても懐かしいです。高校生の頃を思い出します。

ユーミンの最高傑作は今でも最初のアルバム「ひこうき雲」だと思っています。1枚目にして既に完成されています。LP(今となっては懐かしい響きです)で何度も聴いたアルバムです。ちなみに松任谷になってからの僕にとってのベスト1は「時のないホテル」です。

PEARL PIERCE」は大学生の頃、夏休みに友人達と旅行へ行ったとき、クルマの中で聴いていたアルバムです。カセット(これもまた懐かしい響きです)です。やはりこのアルバムを聴くと学生時代を思い出します。MPVにはカセットデッキが付いていましたが、MSアクセラには当然ながらそんな前時代的なものは付いていません。なのでついにテープは家のステレオでしか聴けなくなってしまいました。

aikoの曲はなんか好きなんです。アルバムを購入してまでは聴いていませんでしたが、ベスト盤が出たら欲しいと常々思っていたので、今回借りてみました(買わないのかよ!)。

だいぶ曲が増えたので、出張に行っても退屈しないで済みそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

卒業ソング

明日は甥っ子の高校の卒業式です。甥っ子は僕たちの結婚式で、よくあるじゃないですか、子どもになにか持たせて新郎新婦に渡すの、あれをやってもらいました。当時2歳か3歳だったと思います。そんな甥っ子がもう高校を卒業です。僕も年を取ったものです。

卒業といえば卒業ソング。皆さんはなにを思い出しますか?最近の若い人たちはまた傾向が違うんだと思いますが、やはり僕たちの世代で思い出すのはユーミンの「卒業写真」だと思います。それと海援隊の「送る言葉」。実は僕、「3年B組金八先生」の第一作の時、リアルに中学3年生でした。だからマッチとかよっちゃんと同い年。いつの間にか中学を卒業してから30年経ってしまいました。あと思い出すのが柏原芳恵の「春なのに」。僕は高校、大学と吹奏楽をやっていたので卒業式には演奏させられたのですが、「仰げば尊し」は必須として、その他に卒業証書授与の時間にBGMとして「卒業写真」や「春なのに」はよく演奏しました。

そんな中、僕の卒業ソングのベストは松田聖子の「制服」です。基本的に松田聖子は好きか嫌いかと言えば嫌いです。生き方が。だけど純粋に歌の評価はここ数年でだいぶ高くなってきました。そんな中、「制服」だけは高校時代から好きな曲でした。なんでかな、なんか好きなんだよなぁ。

だけど春近くなると卒業ソングも含め、春の曲が聴きたくなりますね。春、って思える期間なんてほんの少しの間だけなのに。日本には桜をテーマにした曲も多いじゃないですか?それらの曲って4月下旬にはもう聴かなくなるのに。卒業ソングだって3月中限定なのに、なんでこんなに多いんですかね?

僕の住んでる地域は(甥っ子の住んでいるところも僕の家から30キロ位かな?)明日は雨。せめて卒業式が終わった位の時間は雨が止んでいて欲しいです。みんなと写真を撮ったりするでしょうから。彼にとって、明日がいい一日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

相曽晴日

皆さんは「相曽晴日」さんをご存知ですか?1982年デビューの、今は無きヤマハポピュラーソングコンテスト、いわゆるポプコン出身のアーティストです。特に理由がある訳ではないのですが、ふと彼女の曲が聴きたくなりました。

透き通るような歌声ととても美しいメロディの曲、僕はとても気に入っていましたが、いまひとつブレイクすることなくその名前を目にする機会がなくなりました。

僕が好きだったのは彼女のデビューアルバム「トワイライトの風」です。その中でもアルバムタイトル曲「トワイライト」、シングルにもなった「コーヒーハウスにて」、その他「フルムーンに寄せて」、「マジカルソング」などがお気に入りです。とにかくデビューアルバムにして完成度は非常に高いものです。また、今聴いても決して古さを感じさせません。

現在CDが入手可能です。皆さんもぜひ一度お聴きになってみて下さい。絶対お勧めです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧